Quonblog~ただいま○○中~

毎度登場する娘も早いもので4月に小学生になりました。

私が住む地域の学童は、ありがたいことに19時まで子供を預けられます。
お迎えにいく時間が遅く、迎えに行った時にはとその友達の2人ということもありますが、
保育園の時と比べて生活スタイルががらっと変わるわけでもなく、
相変わらず毎日バタバタと過ごしています。

とはいえ、細かなことはもちろん変わっておりまして・・・。
子供にとって日々の生活における1番の変化は「お勉強」が強制になって
しまったことではないでしょうか。

まず音読、プリント、自由課題(A41枚何をやっても良い)といった
毎日の勉強(宿題)が必須になりました。

また知育学習の教室に通っているので、自分が定めた目標を
毎日5分でも行うように指導されています。
(毎月自分で決めていますが、今月はカタカナ学習だそうです)

さらに2年生になったら「思考力検定」にも挑戦してみよう!という話に
なっているので、少しずつ対策も始めているようです。

そんな中、タイトルに話が戻るのですが・・・
子供からの口コミで、最近買い与えてみた
「日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生」文響社(編集)
http://amzn.asia/gzjYC9D

その名の通り、全例文に「うんこ」を使った、
一見ばかばかしい、でも子供には絶大な人気を誇る漢字ドリルで、
発売1ヶ月半で150万部程度売れたヒット商品だそうです。

「こんなことないよね~」「おかしすぎる」と笑いながら、
なんだかんだと集中してドリルで勉強している子供。

やらないならやらないでいいわ~と思って買ったのですが、
商品コンセプトが分かりやすく、
子供のツボをついた商品はやはり夢中になるし、
小学校1年生でも口コミで評判が伝わるものだなぁと驚いています。

他にもこんなのが小学生にはおすすめというものがあれば、ぜひ教えてください!
今回よりQuonブログに仲間入りさせていただきますmiyakeです。
初登場にも関わらず更新を止めてしまいました。
ご愛読いただいている皆様、申し訳ございません。

さて、気を取り直して。
私はこの4月から社会人2年目になりました。
後輩も入社して身の引き締まる思いです。
幸いにも、仲間にもお仕事にも恵まれて、
日々楽しく働いておりますが、
目下最大の悩みは「運動不足」です。

もともとスポーツはほとんどしないインドア派のため、
休日に思いっきり身体を動かすということもなく、
どんどん体がなまっていく感覚に危機感を覚え始めました。
そこで、だいぶ暖かくなってきたこともあり、
3月中ごろから運動不足解消のために
通勤の行きか帰りのどちらかは
ひと駅ぶん(約2km)歩くようにしています。

そんな私のように、
「ちょっと歩こうかと思っているけど、モチベーションがなぁ...」
という方に、おすすめのアプリをご紹介いたします。
(ここからが本題です)

その名も『にゃん歩計』
IMG_2898.PNG

スマートフォンの歩数計機能と連動しており、
歩数や消費カロリーをカウントしてくれます。
IMG_2897.PNG

そして、歩数によって経験値やコインがたまり、
ねこが成長して新しい仕草を覚えたり、
新しい家具やねこを買うことができます。
ねこに名前をつけられるので愛着もひとしおです。

アプリを起動していなくてもログはたまるので、
たまに覗いて自分の運動量を確かめつつ、
おもちゃで遊んでいるのを眺めながら、
「ふふふっ」とすることができます。
IMG_2896.PNG
 
昨年12月にリリースされたばかりなので、
これからのバージョンアップにも期待です。
(私は4匹目「ぱぴこ」を育成中です)

私の紹介文句は「楽しくソロ活極め中」ということですが、
オシャレなパンケーキを食べたり、美術館めぐりなどのような
素敵な、いわゆるソロ活!は(残念ながら)今のところ予定しておりません。
以上のような感じで、ひとりだけどなんとなく楽しい気持ちになれる、
そんなちょっとした私流の楽しみ方をご紹介することが多くなるかと思います。
どうぞこれからよろしくお願いいたします。

いよいよ本格的な花粉シーズンですね。
私は中学生の頃からの頑固な花粉症持ち。毎年、あれこれ新作の花粉対策グッズを試してみるのが、この時期の唯一の気晴らしだったりします。

さて、私の中では今年度ヒット商品!と呼べるものが2つあります。
まず「ピッタマスク」。ガーゼや不織布ではなく、ポリウレタン製のマスクです。
その名の通り、顔にぴたっとフィットするので、ガーゼマスクにありがちな隙間が最小限に。しかも口のあたりはたっぷり空間が空いているので、息苦しさもなし。
何よりこのマスクだと、メガネがくもらない!
昨年まで愛用していた「快適ガードプロ」というマスクより、さらに強力です。難点は使っているうちに黄ばんでくること...。「3回までなら洗って使える」ということですが、3回洗うとかなり黄ばむんですね。使い捨てにするには少々値がはりますし。このあたりもう少し改良してもらえないかな。

もうひとつは「眼科用洗浄綿」。それ何?という感じでしょうが、目のまわりを拭くための、湿ったコットンです。なぜか目薬より、これで目の周りをぬぐったほうが、かゆみが軽減される(気がする)のです。
いつも帰宅すると洗眼薬で目を洗うのですが、持ち歩けるものではないので、外出先では洗浄綿が必需品になりました。

これらのグッズで、5月はじめまで続くシーズンを乗り切れるか...
まだまだ長い道のりです。
婚活中のpark(35歳)はもちろん独身なのですが(奥さんがいて婚活はまずい)、周りの友人などはどんどん結婚していき、さみしい思いをするばかりです。
大学卒業後毎年のように国内旅行に出かけていた大学生時代の友人軍団が、卒業当初は10名弱いたものの、その後10年以上が経ち、今年の旅行にエントリーしたのはなんとparkを含む独身2名だけ。その他の友人は妻子持ちで、家族サービスでお忙しいようで、テコでも動きません。さすがに、独身男二人での泊りがけの旅行はいろいろ危ないので、かわりに飲み会でもしようかと企画を練り直しているところです。早く結婚したいです。


皆さん、コーヒーはお好きですか?
朝や職場、打ち合わせのお供など、結構いろいろなところで飲む機会がありますよね。

実は、私はこれまでコーヒーをあまり好きではありませんでした。
営業の仕事をしているとお客様のところで出していただく機会も多く、「好きではないけれどありがたくいただく」というスキルばかりを身につけてしまい、ああこれが大人になることか(?)といった思いを持っておりました。

しかし、最近は好んでコーヒーを飲むようになっています。
やはり、ちゃんと淹れたコーヒーは美味しいのですよ。

コーヒースタンドが急に増えた、地元所沢

私が住む埼玉県所沢市で、最近コーヒーショップが数店舗オープンしました。
いわゆるチェーン店ではなく、それぞれのオーナーさんがこだわりのコーヒーを淹れるところです。
いわゆる喫茶店というわけでもなく、イートインが数席あるコーヒースタンドのような形式で、しかもちょっとおしゃれ。
このように、身近なところでちゃんとしたコーヒーを飲めるようになったというのが大きい理由です。

中でも、私がコーヒーにハマっていくきっかけになったのがこちらのお店です。

ビブコーヒー

IMG_2452.JPG IMG_2451.JPG
    シンプルな内外装のコーヒー店です

たまたま通りがかったのをきっかけに、よく通うようになりました。
駅からは少し離れていますが、商店街のチェーン店にはない落ち着いた空間があります。

そしてもう一店、昨年の9月にできたというお店。

リメナスコーヒー

IMG_3101.JPG
  リノベっぽいショップ、
  写真はエスプレッソ&ソーダ

こちらも少し(?)駅から離れていますが、散歩がてら行ってみる価値ありだと思います。
コーヒーだけでなく、ほうじ茶ラテなんかも置いてあります。

2店に共通する「美味しいデカフェ」の存在

この2店に足繁く通うのは理由がありまして。
それが「デカフェ」、カフェインレスのコーヒーが美味しくいただけるということなのです。

コーヒーが美味しく飲めるようになってちょっとはしゃいでしまい、買って飲んだり自分で淹れてみたりしているうちに、ついついカフェインを大量に摂取する毎日が続いてしましました。
もちろん他にも原因(アルコールとか、アルコールとか)はあったのでしょうが、結果的に少し胃の調子が悪くなってしまったのです。

そこで、上記の2店でデカフェのコーヒーを試してみたら、あらまあこれが美味しいこと。
心のどこかで「カフェインのないコーヒーなんてアルコールのないビールみたいなもの、どうせ邪道なんだろう」と思っていたのですが、完全に思い込みでしたね。

ということで、これらのお店のお陰で調子に合わせてカフェインのオン/オフをしながらコーヒーライフを楽しむことができているのです。

飲みなれてしまうと、「カフェイン入れて気合注入だ!」という飲み方以外の、ちゃんとリラックス効果も受けられるようになりました。
しばらくコーヒーをいろんな場面で楽しんでみようと思っています。
仕事がない週末はオーケストラの練習に勤しんでいるtomineです。
3月に本番があるため、アマチュア楽団といえども休日は朝から晩まで練習があります。

私が担当しているのはコントラバスという自分の身長より大きな弦楽器なのですが、
これを持ち運ぶのが一苦労...
楽器の下に専用のキャスターを付けて転がして運んでいるので重さはあまり感じないものの、
何しろ大きさと幅があるため電車に乗ると注目の的、バスに乗るのは至難の業、
雨が降ったら自分は濡れて楽器を守る...という苦労続きで練習場所に着くまでにぐったりです。

ちなみに注目を集めるのはもう慣れたのですが、楽器を持って電車に乗ると、よく声をかけられます。

小学生の男の子が「これ何ですか?」と楽器を指さして聞いて来たり、
明らかにこわがっている幼稚園生くらいの女の子のお母さんが
「楽器ですか?大きいですね!」と話しかけてきたり。
あとよくあるのは、「私もコントラバスやってるんです!運ぶの大変ですよね!」と
話しかけられるパターン。
まったく知らない人なのに同じ楽器をやっていることで妙に親近感を覚えてしまうということもあります。

そして社会人オーケストラの練習場所は駅から近いとは限りません。
時にはバスに乗らないと厳しい距離のところもあり...
そんな時は、大変な思いをして乗客に迷惑をかけるのを承知でバスに乗るか、
あるいは楽器持参でひたすら歩くかの苦渋の選択を強いられます。
そこで私は、駅から30分以内だったら歩くことにしました。
きっと休日は歩数が急増しているはず。
万歩計を付けたら(持ってませんが)平日との差が明らかなはずです。

服装はもっぱらジーンズにスニーカー。
しかも雨の日は傘がうまくさせないので、ずぶ濡れ。
早歩きができないので、集合時間よりやたら早く練習場所に到着。

時には練習に行くのが億劫なときもありますが、やはりみんなで演奏する楽しさが勝りますね。
体力勝負ではありますが、3月の本番が楽しいものになるようにがんばります!
年始早々、ずいぶん更新をとめてしまっていました。

さてfujiiは年始早々、今年は(も?)厄年か!と突っ込みたい出来事がありました。
また娘の卒園や小学校入学に向けて学童の申込みなどの準備も始まり、
なんだかんだと土日もバタバタしているそんな中。。。

つい先日、お家にピアノが納品されました。
娘がピアノを習い始めた1年前から買おうかどうか悩んでいた電子ピアノ。

月2回ながらも娘が1年間ピアノを続けたこと、
やっと両手で弾くことになり鍵盤の数が必要になったこと、
誕生日月でもある12月に、某電機屋さんでプラスポイントがつくこと、
交渉したらそこそこ値が下がったこと、など
気持ち的にも色々後押しがあり、年末購入に踏み切りました。

購入したピアノは、「YAMAHA ARIUS YDP-163R」
https://www.amazon.co.jp/dp/B01EPSZESU?psc=1

うん、これだけの機能で10万きっているなら良い買い物だった気がする。

うちのマンションは、原則楽器不可なので管理会社に確認をとり、
了解をもらったうえで購入したわけですが、
保育園から帰って弾く時は、音を小さくしたりヘッドホン着用で。
今の電子ピアノはヘッドホンを2つつなげられて便利ですね。

リビングに置いたので、これまでほぼ練習しなかった娘も
1日5分程度でも気分によって弾くようになり、母もちょっと満足。
(満足レベルが低い(笑))

そしてここでタイトルに戻るわけですが、ほぼ30年ぶりに
ピアノを弾くことに挑戦してみました。
購入したピアノに楽譜がついていたので、簡単そうな曲を選びましたが、
まぁ驚くほどスムーズに楽譜が読めない。
装飾音符も笑えるほどぎこちない(笑)

ということで、年末実家に帰った時に奇跡的に残っていることを
発見した「ブルグミュラー」と「ソナチネ」教本を送ってもらうことにしました。
果たして1年後にどこまで感覚を取り戻せるか。
ちょっとした趣味なんですぅというレベルまで持ってこられるのか。
はたまた無理だわーと投げているか。

せっかく買ったので、たまにはピアノの前に座って弾いてみたいと思います。
 自分は心身ともにいつまでも変わらないと思い込んでいるuchiyamaですので、歳ととも現われる経年変化は仕方ないと諦めきれない今日この頃です。

運動量は変わらないのに平均体重の上振れが戻りにくくなった。
  ...ちょっと前までは23Kg落とすのは簡単にできたのに
昨年着ていた冬物のパンツがちょっときつくなった。
  ...昨シーズンは楽々サイズだったのに
人間ドックでの尿・血液の検査数値にはじめて注意信号が出た
  ...今まではオールAで何も問題なかったのに

 思いのままに好きなものを食べ・飲んでいたらそれはそ〜でしょう。前と較べると自分の中での「こだわり」「ストイックさ」が弱くなってきたかなと感じます。

 いつまでも「尖っている」というのは歳甲斐もない気がする反面、自分自信の「満足」「納得」を大切にすることを生きる糧としてきた一面もあります。
 「こだわりを大切にしてやり抜く」を来年(今年)のテーマにして、心身ともにリセットしたいとの願いを持ちながら、正月気分の悪魔の囁きも聞こえてくる年の瀬です。
読書の秋ですね。とはいえどんな季節でも「本がお友だち」のkazです。

今年の8月にはじまった、Amazonの電子書籍定額読み放題(月額980円で対象の本が何冊でも読める)サービス「kindle unlimited」。
もちろんサービス開始とともに申し込みましたとも!

出版業界にとってはどうなのかと、賛否両論があるサービスではありますが、月額980円は安いですよね。何より、読む本を切らす、という事態がなくなることが、本好きにとっては何よりうれしいです。

しかし、喜んで毎日とっかえひっかえダウンロードして、iPadで読んでいた矢先、思わぬトラブルがありました。
首が痛くて横が向けなくなってしまったのです。

最初は寝違え?と思いましたが、数日たっても痛みは治らず。
考えてみれば、膝に置いたiPadで本を読むと、首を90度近く曲げるような姿勢になることが多いのです。もう若くはないこともあり(年齢は秘密)、首にいいわけがないですね。

2日ほど電子書籍断ちをしたらあっさり治ってしまったので、原因は明らか。ちょうどそのころ、多くの出版社が「読み放題対象」の本を引き上げてしまうという事態があり、無事に読書量を減らすことができました。

現在、読みたい本はだいたい「上下巻の上しかない」「シリーズの1冊目だけ」という状態になってしまいましたが、それでも立ち読みよりはじっくり読めますし、お気に入りの雑誌2冊だけでも元が取れてしまう値段。
やっぱりkindle unlimitedからは抜けられません。
こんにちは、疲れているときも笑顔は忘れたくないparkです。

つい先日の10月21日は早稲田大学の創立記念日で、グループ組織の当社も臨時のお休みをいただきました。
せっかくの平日のお休みなので、週末は紅葉狩りの人たちでごった返すであろう黒部ダムのほうに、ハイキングに行ってきました。

このところ非常に忙しかったこともあり、すっきりリフレッシュしようと目論んでいましたが、結論から言うと、コースタイム2日間(計13時間)の道のりのあいだ、頭からずっと仕事が離れることがなく悶々と考え続けてしまい、気分転換どころではなかったです。

最近はやりの「マインドフルネス」に精進すべく、今年に入って脳のトレーニングをほぼ毎日続けているのですが、その成果はどこにいったことやら。
いまそこにある景色、におい、岩と土の感覚、渓谷の爆音など素晴らしいものばかりでしたが、全然集中できませんでした。

一方で、元マッキンゼーの伊賀泰代さんの著書で、数年前にけっこう売れていた書籍に『採用基準』という本があったかと思います。
そこには、できるコンサルタントの条件として、「思考体力」、つまり、仕事の移動中でもプライベートのときでもどんなときでも、いやでも考えてしまう、考え続けることのできる力が必要である的なことが確か書かれていたことを思い出して、「あぁ、俺もとうとうこの域に入ったか」と都合の良い解釈を楽しんだりもしています。

いやダメですね、やっぱり休日は仕事を忘れてリフレッシュすることにします。


アーカイブ
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

fujii

仕事はやっぱり「現場」が信条。
ママチャリ爆走中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ