Quonblog~ただいま○○中~

相手のパーソナリティーを知ろうとするときに、
血液型と同じくらい質問される兄弟構成。
確かに、末っ子ぽいとか、長女っぽいとかありますよね。
かくいうmiyakeは一人っ子です。
かつ、親戚も近くにいなかったので、
自分より小さい子とはほぼ無縁の生活を送ってきたのですが、
想像の中では赤ちゃんとか小さい子が大好きなのです。

そして、短期間ではありましたが昨年一緒に仕事をしていた女性のもとに
赤ちゃんが誕生したとお聞きし、ご迷惑とは思いつつも
先日ご自宅まで会いに行ってきました。

4月に産まれたばかりという男の子は、
私を待っていてくれたかのようにぱっちり起きて、
旦那様に抱っこされて迎えてくれました。

その可愛さたるや!
ぷにっぷにのぷくっぷくで、
世間は上野の子パンダ誕生に盛り上がっていましたが、
こちらではご夫婦と3人で愛らしい様子を、時間を忘れて見つめていました。

1年前、一緒に働いていた頃を思い出しながら、
尊い命が誕生したことにただただ感動しつつ、
慣れない手つきで抱っこさせていただきました。
かわいい...。

いろいろな苦労話も笑顔で教えてくれて、
楽しいことだけでは無いでしょうに、
お母さんとお父さんって本当に偉大です。

残念ながら姪っ子甥っ子ができることはないので、
親戚のおばさんの気持ちになって、成長を見守りたいと思います。

前の「婚活中のpark」さんのブログを読んでいて
ウニ...北の海...南三陸の海産物食べたい!
という連想になったkazです。

南三陸町をご存じでしょうか?
東日本大震災で甚大な被害を受けた、海沿いの町です。
今年、この町では、仮設の店舗で細々と営業を続けていた商店が集まり
「南三陸さんさん商店街」をオープンさせました。

この商店街にはウニ丼もありますが
私のイチオシは焼き海苔。
ちばのり店」というお店で売っている焼き海苔は
東京からもお取り寄せができます。

そして本当においしい!
余計な匂いがいっさいない、これぞ海苔だという味です。

いわゆる「磯の香」というのは、少し濁った海の匂いなんですよね。
三陸の海は、透明できれいで、磯の香がほとんどしません。
三陸海岸の海苔を食べ続けていたら、
匂いのする海苔は苦手になってしまいました。

宮城育ちの夫と結婚して以来、うちではずっとこの店から
海苔を取り寄せていたのですが、
2011年3月、ちばのり店の工場は津波で流されてしまいました。

どうしよう、もう食べれらないのかと思っていたところ、
見事に復活してくれて、味も以前と変わらず、
あらためてリピーターになりました。

家族経営に近い小さな店ですから、津波のあとの再建はどれほど大変だったか
店のみなさんの苦労に手をあわせつつ、大事に大事に食べています。

ちなみに、私の結婚式のお祝い返しも、この店の焼き海苔でした。
あれはもう何年前だったか...(遠い目)

こんにちは。婚活中のparkです。

私どもの会社も社会の潮流に乗り遅れまいと働き方改革中。
いわゆる「ブロンズウィーク」で有給休暇を消化せよ、との号令のもと
parkも率先してお休みを頂戴し、北海道の利尻島に旅行をして参りました
(しかし残念ながら、振替休日2日消化しただけで終わりました)。
お目当ては、利尻富士のハイキングと、利尻名産のウニでございます。

東京に出回る生ウニは、流通のリードタイムによる型崩れを防ぐために、
みょうばんを使われて、それが本来の味を落としているようです。
それが、利尻まで出かければ、みょうばんを使っていないフレッシュなウニが食べられて、
それはそれは幸せMAXのDestinyが約束されているとのこと。

本当かい!?ということで
3泊4日の利尻滞在中、3杯の生うに丼を食べましたが
結果的には、そんな幸せMAXはなかったです。
食べたのは、本邦最高のうまみを持つウニと言われるバフンウニでしたが
なんか、東京でよく行く居酒屋の方が味わい深いかも。

そういえば、3年前くらいにカツオのたたきを食べに、
高知に出かけて、たたきを食べまくったときも、同じ感想を持ったことを思い出しました。

やっぱ東京はすごいですね。


今年も色々とアツいプロ野球。
交流戦も半ばを過ぎ、梅雨に負けず熱戦が続いています。
...諸事情により、成績の話はNGです。おさっしください。

さて今日の話題は、プロ野球の中では少し本流から逸れるのですが、今や球場になくてはならない「マスコット」のお話です。


メインキャラではなく、三番手以降のキャラクターが増える

どの球団も、メインになるキャラクターが既に存在しています。
その中で、「メインにはなれないけど特徴のあるキャラクター」が増えているのです。

特にパ・リーグ。
このあたりの集客術は見事だと思いながらも、ここまでやるか?という振り切ったものが居るのが特徴です。
いくつか見てみましょう。

福岡ソフトバンクホークス『ふうさん』
 
昨年、突然現れて野球ファンがざわつきました。
7回と勝利時に飛ばすジェット風船がモチーフになっているようです。
のっぺりした、見つめると不安になってくる顔をした結構大きなキャラクター。
撤収時にそのままだとゲートをくぐれないため、ダイナミックに倒れて引きずられて片付けられる点が思いの外愛らしいです。

ちなみに、我らがスワローズのつば九郎さんとは因縁があり、一方的な暴行を受けたとか、受けなかったとか。
でも、コラボグッズは売れているみたいで、仲が悪いわけではないようです。

オリックス・バファローズ『バファローズポンタ』
 
こちらも昨年から、ローソンでおなじみのポンタがコラボしています。
このキャラクターを有名にしたのは、試合結果にあわせて毎試合つぶやかれるTwitterです。
かわいい絵柄にも関わらず、負け試合のツイートのシュールさは一見の価値があります。
勝ってもただ可愛いだけなので、どこかで負けることを期待してしまう野球ファンもいるとかいないとか。
決め台詞の「んほー!」は衝撃を受けます。

ちなみに、公式グッズとして発売されたバファローズポンタのぬいぐるみは大変な人気を博し、発売後すぐに完売となったそうです。

※ここまで書いて、ちょっと趣旨からずれているような気がしてきました。
 どうぞ細かいことは気にしないでください。

東北楽天ゴールデンイーグルス『クロワシさん』

ここからぐっと謎レベルが上がります。
何と言っても、「被り物したおじさん」以外に説明しようのない出で立ち。
中の人(?)が出ているキャラクターなんて、見たことありません。
そもそも、鳥なのか人なのかもよくわかりません。
残念ながら中継を含めてまだ動いている姿を見たことがないのですが、今年は何度か出て来るみたいです。

ちなみに、手に持ったビニール袋には名刺が入っているそうです。
もらいたいような、もらいたくもないような。

④千葉ロッテマリーンズ『謎の魚』

公式すら「謎」と認めている、正真正銘の謎キャラクターです。
お時間のある(=暇な)方は、ぜひ動画を見てください。

パ・リーグTV
 【5回裏終了後】魚!!魚!!魚!! 「謎の魚」が第3形態に姿を変えて登場!!
 ※動画です。音声などご注意ください。

なぜ形態変化をしているのか、いやそもそもなぜ魚なのか、むしろこれは魚なのか、謎はつきません。
動画が拡散された結果、母なる海を超えて世界中で話題になっているとか、いないとか。

...だめだ、何度見ても謎すぎて心がざわつきます。

ここまでくると、登場以来不評ぎみなスワローズマスコットにして覆面レスラーの『トルクーヤ』が可愛く思えてきますね。
うん、よかったよ、トルクーヤで。


こういった特徴的なキャラクターたちも、従来とは異なる新しい路線でのファン獲得を目指したものと考えられます。
試合も楽しい、試合じゃないところも楽しい。
こういった工夫が近年の集客に繋がっているのですね。

少し前に、実家の引っ越しがありました。
引越しといっても、祖母が一人で住んでいた家に両親が移り住んだのでとても近い距離での移動です。
それでも長年住んだマンションからまるごと移るということでなかなか大変だった様子。
すでに実家を出て家庭を持っている兄も、一人暮らし中の私も当日は仕事で手伝えず、
後日、引越し先の家でいろいろ片づけることになりました。

学校を卒業するたびに必要なくなったものはどんどん捨てていたので
思ったよりも少なかったのですが、それでも出てきました...記憶から消したい物たちが...。

まず、小学校時代の交換日記(内容がとても時代を感じる)。
小学校卒業時に書いた「20歳の私へ」という手紙(担任の先生が20歳の誕生日に届くように送ってくれました)。
クラス替えや卒業の時に書いて交換しあったサイン帳(住所とかメッセージとか書く欄がある)。
中学校時代、友達同士で渡し合っていた手紙の数々(毎日会っているのになぜか手紙でやりとり)。

他にもいろいろとありました。
しかし自分が書いたもの、しかも作文のようなよそゆきのものではなく、日常書いていたものは
なぜこんなに恥ずかしいのでしょうか。
特に「20歳の私へ」は、破壊力がありました。

あとは中学の家庭科の課題で書いた「人生設計」的なもの。
○歳で就職、△歳で結婚、出産、みたいなことが割と具体的に書いてありました。
当時のプランによると、私は現在、2人の子持ちで専業主婦のはずです。
その時とは全く違う人生を歩んでいて、それもまた考えさせられますね。

部活でもらったメダルや、仲良しの友達と卒業の時に交換した名札なんかも出てきていろいろ懐かしかったです。
とりあえず精査して捨てるものは捨てました。

量は多くないのに、出てくるたびに読み返したり見直したりしていて、なかなか片づけがはかどりません。
次に実家に帰った時、また片づけの続きをやらなければならなさそうです。
毎度登場する娘も早いもので4月に小学生になりました。

私が住む地域の学童は、ありがたいことに19時まで子供を預けられます。
お迎えにいく時間が遅く、迎えに行った時にはとその友達の2人ということもありますが、
保育園の時と比べて生活スタイルががらっと変わるわけでもなく、
相変わらず毎日バタバタと過ごしています。

とはいえ、細かなことはもちろん変わっておりまして・・・。
子供にとって日々の生活における1番の変化は「お勉強」が強制になって
しまったことではないでしょうか。

まず音読、プリント、自由課題(A41枚何をやっても良い)といった
毎日の勉強(宿題)が必須になりました。

また知育学習の教室に通っているので、自分が定めた目標を
毎日5分でも行うように指導されています。
(毎月自分で決めていますが、今月はカタカナ学習だそうです)

さらに2年生になったら「思考力検定」にも挑戦してみよう!という話に
なっているので、少しずつ対策も始めているようです。

そんな中、タイトルに話が戻るのですが・・・
子供からの口コミで、最近買い与えてみた
「日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生」文響社(編集)
http://amzn.asia/gzjYC9D

その名の通り、全例文に「うんこ」を使った、
一見ばかばかしい、でも子供には絶大な人気を誇る漢字ドリルで、
発売1ヶ月半で150万部程度売れたヒット商品だそうです。

「こんなことないよね~」「おかしすぎる」と笑いながら、
なんだかんだと集中してドリルで勉強している子供。

やらないならやらないでいいわ~と思って買ったのですが、
商品コンセプトが分かりやすく、
子供のツボをついた商品はやはり夢中になるし、
小学校1年生でも口コミで評判が伝わるものだなぁと驚いています。

他にもこんなのが小学生にはおすすめというものがあれば、ぜひ教えてください!
今回よりQuonブログに仲間入りさせていただきますmiyakeです。
初登場にも関わらず更新を止めてしまいました。
ご愛読いただいている皆様、申し訳ございません。

さて、気を取り直して。
私はこの4月から社会人2年目になりました。
後輩も入社して身の引き締まる思いです。
幸いにも、仲間にもお仕事にも恵まれて、
日々楽しく働いておりますが、
目下最大の悩みは「運動不足」です。

もともとスポーツはほとんどしないインドア派のため、
休日に思いっきり身体を動かすということもなく、
どんどん体がなまっていく感覚に危機感を覚え始めました。
そこで、だいぶ暖かくなってきたこともあり、
3月中ごろから運動不足解消のために
通勤の行きか帰りのどちらかは
ひと駅ぶん(約2km)歩くようにしています。

そんな私のように、
「ちょっと歩こうかと思っているけど、モチベーションがなぁ...」
という方に、おすすめのアプリをご紹介いたします。
(ここからが本題です)

その名も『にゃん歩計』
IMG_2898.PNG

スマートフォンの歩数計機能と連動しており、
歩数や消費カロリーをカウントしてくれます。
IMG_2897.PNG

そして、歩数によって経験値やコインがたまり、
ねこが成長して新しい仕草を覚えたり、
新しい家具やねこを買うことができます。
ねこに名前をつけられるので愛着もひとしおです。

アプリを起動していなくてもログはたまるので、
たまに覗いて自分の運動量を確かめつつ、
おもちゃで遊んでいるのを眺めながら、
「ふふふっ」とすることができます。
IMG_2896.PNG
 
昨年12月にリリースされたばかりなので、
これからのバージョンアップにも期待です。
(私は4匹目「ぱぴこ」を育成中です)

私の紹介文句は「楽しくソロ活極め中」ということですが、
オシャレなパンケーキを食べたり、美術館めぐりなどのような
素敵な、いわゆるソロ活!は(残念ながら)今のところ予定しておりません。
以上のような感じで、ひとりだけどなんとなく楽しい気持ちになれる、
そんなちょっとした私流の楽しみ方をご紹介することが多くなるかと思います。
どうぞこれからよろしくお願いいたします。

いよいよ本格的な花粉シーズンですね。
私は中学生の頃からの頑固な花粉症持ち。毎年、あれこれ新作の花粉対策グッズを試してみるのが、この時期の唯一の気晴らしだったりします。

さて、私の中では今年度ヒット商品!と呼べるものが2つあります。
まず「ピッタマスク」。ガーゼや不織布ではなく、ポリウレタン製のマスクです。
その名の通り、顔にぴたっとフィットするので、ガーゼマスクにありがちな隙間が最小限に。しかも口のあたりはたっぷり空間が空いているので、息苦しさもなし。
何よりこのマスクだと、メガネがくもらない!
昨年まで愛用していた「快適ガードプロ」というマスクより、さらに強力です。難点は使っているうちに黄ばんでくること...。「3回までなら洗って使える」ということですが、3回洗うとかなり黄ばむんですね。使い捨てにするには少々値がはりますし。このあたりもう少し改良してもらえないかな。

もうひとつは「眼科用洗浄綿」。それ何?という感じでしょうが、目のまわりを拭くための、湿ったコットンです。なぜか目薬より、これで目の周りをぬぐったほうが、かゆみが軽減される(気がする)のです。
いつも帰宅すると洗眼薬で目を洗うのですが、持ち歩けるものではないので、外出先では洗浄綿が必需品になりました。

これらのグッズで、5月はじめまで続くシーズンを乗り切れるか...
まだまだ長い道のりです。
婚活中のpark(35歳)はもちろん独身なのですが(奥さんがいて婚活はまずい)、周りの友人などはどんどん結婚していき、さみしい思いをするばかりです。
大学卒業後毎年のように国内旅行に出かけていた大学生時代の友人軍団が、卒業当初は10名弱いたものの、その後10年以上が経ち、今年の旅行にエントリーしたのはなんとparkを含む独身2名だけ。その他の友人は妻子持ちで、家族サービスでお忙しいようで、テコでも動きません。さすがに、独身男二人での泊りがけの旅行はいろいろ危ないので、かわりに飲み会でもしようかと企画を練り直しているところです。早く結婚したいです。


皆さん、コーヒーはお好きですか?
朝や職場、打ち合わせのお供など、結構いろいろなところで飲む機会がありますよね。

実は、私はこれまでコーヒーをあまり好きではありませんでした。
営業の仕事をしているとお客様のところで出していただく機会も多く、「好きではないけれどありがたくいただく」というスキルばかりを身につけてしまい、ああこれが大人になることか(?)といった思いを持っておりました。

しかし、最近は好んでコーヒーを飲むようになっています。
やはり、ちゃんと淹れたコーヒーは美味しいのですよ。

コーヒースタンドが急に増えた、地元所沢

私が住む埼玉県所沢市で、最近コーヒーショップが数店舗オープンしました。
いわゆるチェーン店ではなく、それぞれのオーナーさんがこだわりのコーヒーを淹れるところです。
いわゆる喫茶店というわけでもなく、イートインが数席あるコーヒースタンドのような形式で、しかもちょっとおしゃれ。
このように、身近なところでちゃんとしたコーヒーを飲めるようになったというのが大きい理由です。

中でも、私がコーヒーにハマっていくきっかけになったのがこちらのお店です。

ビブコーヒー

IMG_2452.JPG IMG_2451.JPG
    シンプルな内外装のコーヒー店です

たまたま通りがかったのをきっかけに、よく通うようになりました。
駅からは少し離れていますが、商店街のチェーン店にはない落ち着いた空間があります。

そしてもう一店、昨年の9月にできたというお店。

リメナスコーヒー

IMG_3101.JPG
  リノベっぽいショップ、
  写真はエスプレッソ&ソーダ

こちらも少し(?)駅から離れていますが、散歩がてら行ってみる価値ありだと思います。
コーヒーだけでなく、ほうじ茶ラテなんかも置いてあります。

2店に共通する「美味しいデカフェ」の存在

この2店に足繁く通うのは理由がありまして。
それが「デカフェ」、カフェインレスのコーヒーが美味しくいただけるということなのです。

コーヒーが美味しく飲めるようになってちょっとはしゃいでしまい、買って飲んだり自分で淹れてみたりしているうちに、ついついカフェインを大量に摂取する毎日が続いてしましました。
もちろん他にも原因(アルコールとか、アルコールとか)はあったのでしょうが、結果的に少し胃の調子が悪くなってしまったのです。

そこで、上記の2店でデカフェのコーヒーを試してみたら、あらまあこれが美味しいこと。
心のどこかで「カフェインのないコーヒーなんてアルコールのないビールみたいなもの、どうせ邪道なんだろう」と思っていたのですが、完全に思い込みでしたね。

ということで、これらのお店のお陰で調子に合わせてカフェインのオン/オフをしながらコーヒーライフを楽しむことができているのです。

飲みなれてしまうと、「カフェイン入れて気合注入だ!」という飲み方以外の、ちゃんとリラックス効果も受けられるようになりました。
しばらくコーヒーをいろんな場面で楽しんでみようと思っています。
アーカイブ
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

fujii

仕事はやっぱり「現場」が信条。
ママチャリ爆走中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ