Quonblog~ただいま○○中~

街も軽装になり、春になったなぁと感じるkanekoです。
春といえば(kanekoの中では)野球シーズン開幕ですが、今年はWBCがあったため
ちょっと早くから野球モードになっていました。
特に盛り上がった台湾戦!
手に汗握るシーソーゲームは、野球ファンで良かったと心から思えるものでした。

台湾にも日本のようにプロ野球(中華職業棒球大聯盟、CPBL)があります。
1990年にスタートした台湾プロ野球(当時は中華職業棒球聯盟)ですが、
その道程は決して順調とはいえませでした。
特に大きな問題は、八百長です。
野球賭博が発覚したことから野球人気は徐々に低下、チームの解散や主力選手の海外流出が相次いだのです。
この問題は長く台湾球界に影を落とし、近年でも大規模な八百長が発覚、
中には球界のスターや日本で活躍した選手も含まれていました。

しかし、今回のWBCをきっかけに風が変わりつつあります。
予選1次ラウンドをオランダとともに通過、そして2大会王者の日本を
9回2アウトまで追い詰めるという活躍が、台湾の人々の心を動かしました。
低迷していた観客数は回復傾向にあり、開幕カードは満席となったそうです。
日本戦でも好投した台湾球界の英雄王建民投手は、
WBC後に古巣ニューヨーク・ヤンキースとのマイナー契約が決まり、メジャー昇格を狙う位置にいます。
明るい話題が多くなってきました。

そんな台湾プロ野球、日本人を含む外国人選手も在籍しています。
昨年は、元ヤクルトで早大卒の鎌田祐哉投手(2013年引退)が統一ライオンズに所属し、
最多勝投手となる大活躍を見せました。
今年は元巨人の真田裕貴投手が兄弟エレファンツに、
MLBで活躍した強打者マニー・ラミレス選手が義大ライノスに在籍しています。
比較的チーム力が拮抗している中、「助っ人」達の活躍はリーグ戦の鍵を握りそうです。

ということで、今年は日本だけでなく台湾にも注目して野球シーズンを過ごそうと思います。
昨年は一度もスタジアムに行けなかったので、今年は日台両方でスタジアムで野球を観る!を
目標にしたいと思っています。

さぁ、昨年あっさり挫折した中国語の勉強を再開しなくては。
メインページ | アーカイブ
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

azuma

仕事はやっぱり「ハートで聴く」が信条。
今日もバイリンガル中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ