Quonblog~ただいま○○中~

2013年6月アーカイブ
2歳の息子は夫に似てよくしゃべります。
最近は言葉のキャッチボールができて会話が楽しめるようになった反面、
悩ましいこともあります。それは、なぜなぜ攻撃をしてくることです。

例えば、コップに注がれたカルピスを見て彼は問いかけます。

「なんでカルピスは白いの?」
「牛乳でできているからかなあ」
「なんで牛乳でできてるの?」
「うーん・・・。発明した人が牛乳で作ったらおいしいって思ったからじゃない?」
「なんで牛乳で作ったらおいしいの?」
「・・・。えっと、それは・・・。」

このように、疑問は解決されるどころか、深掘りされすぎて、
もはや最初の質問が何であったか分かりません。
なぜなぜ分析は難しいと実感する瞬間です。

ちなみに、私の心に余裕がないときは、彼の質問は即座にクロージングされます。

「なんでお月様はきらきら光ってるの?」
「お月様は光るものなのっ!(怒)」
終了。

子どもの好奇心の芽を踏みにじる、一番ダメな回答例です。
子どものピュアな問いかけに、正確な答えではなくても、
せめて想像力とユーモアで返せるような心の余裕をもっていたいと思う、
今日この頃です。

こんにちは。梅雨が始まってますます元気の出ないparkです。

最近、生活をしていて自分のうっかりミスの多さにうんざりすることが多いです。

このあいだ、牛丼の松屋に行ったときのこと。毎度注文する、牛丼並盛と、生玉子とサラダのセットを、この日も券売機で購入し、チケットを店員さんに渡しました。胸に新人マークをつけた店員さんは、怪訝な顔をしながらも、いつものように、生玉子とサラダを先に持ってきました。

サラダは、メインよりも先に食べるのがダイエットには良いと信じているので、いつものようにまずはサラダを完食。そして、生玉子もかき混ぜて、スタンバイOKなのに、10分くらい経っても牛丼が運ばれてきません。

そういえば、生玉子やサラダと一緒のタイミングで供されることの多い味噌汁もまだ運ばれてきていません。「まさか」と思って食券を改めて確認してみたら、注文しているのは、生玉子とサラダのセットだけで、牛丼は発注していませんでした。

昔は想像もつかなかった、こんなうっかりミスが、最近は多発しています。

・電車の上りと下りを間違えて乗車して友達との約束に遅刻する
・レンタカーを、日にちを間違えて予約して、覚えのない早朝に確認の電話がかかってくる
・どんぶりの陰に隠れていた小鉢の存在に気付かず食べそこないそうになって、友達にバカにされる

今年は32才になるpark。以前は細かなことも漏れなくきちんと押さえることが得意だったのに、最近は何か抜けることの多い日々。年を取るっていうのは、こういうことなんでしょうか。
kanekoです。屋外球場が気持ちいい季節ですね。
前回のブログに書いた台湾プロ野球、実際に観戦してきました!
ということで、2回続けて野球の話題で失礼します。

今回行ったのは、桃園国際棒球場、昨年のリーグ覇者であるLamigo Monkeysの本拠地です。

桃園国際棒球場.JPG

台北から新幹線で約20分の高鐵桃園駅へ、そこから球場行シャトルバスが出ています。
今回は混んでいたのでタクシーを利用しました(10分程です)。
桃園球場ではホームが3塁側、西武ドームと同じ方式です。
せっかくなのでホーム側で観戦しました。

チケットはコンビニの端末で、開催日の前日まで買う事ができます。
内野指定席は300~350台湾ドル、およそ1000円~1200円程度です。
日本の球場ですと内野指定席は3000円前後になりますので、結構お値打ちですね。

当日に球場で買うことももちろんできるのですが、野球人気が復活傾向にあることもあり、
いい席を取るのは難しいかもしれません。
今回も内野のいい席は軒並み売り切れでしたので、外野近くの席を取りました。
ところがこれが観づらい!
桃園球場は場所によってフェンス(金網)が多重になってしまうところがあり、
視界が制限されるのです。
ということで、内野をうろうろしながらの観戦となりました。

球場内.JPG

台湾では、鳴り物の応援があったりマスコットがいたりと日本と同じ点も多いです。
ただ、違う点もちらほら。例えば...

・応援団は内野です。社会人野球や大学野球に近いですね。
・応援団にはリーダーがいて、マイクパフォーマンスをします。これが迫力!
・日本の球場ではおなじみの、客席ビール販売はいません。
 試験的にやっているという噂は聞きましたが、基本は売店の缶ビールです。
・売店はローカル色たっぷり。小さな夜市みたいな感じです。
・来ないなと思った席は、指定でも結構すぐに座られてしまいます。
 そんな時はちゃんとチケットを見せるとすぐ空けてくれます。

このような点が若干違います。
それでも、日本の球場に行ったことがある方でしたらすぐに馴染めると思います。
応援している言葉はわからなくても、楽しむ気持ちがあれば大丈夫!

なお、今回は予定もあり、最後までは観戦できませんでした。
途中で帰ろうにもタクシーもいない中、球場スタッフに相談してみたところ、
スタッフの方がタクシー会社に電話してくれただけでなく、
呼んだタクシーに行き先の指示もしてくれました。
こういった心遣いが嬉しいですね。

今回応援したLamigo、特に理由もなく(失礼)選んだのですが、
一度応援すると何となく気になりますので、また応援に行きたいと思います!

帽子.JPG



« 2013年5月 | メインページ | アーカイブ | 2013年7月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

azuma

仕事はやっぱり「ハートで聴く」が信条。
今日もバイリンガル中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ