Quonblog~ただいま○○中~

2013年10月アーカイブ

先日、海外出張でタイのバンコクへ行ってきました。
海外出張は人生初! 同行者もたくさんいるし、海外に行くこと自体久しぶりだし、
忘れ物とかトラブルとかやらかしたらどうしよう~~とかなり緊張していたのですが、
なんとか無事に仕事を終えて、帰ってくることができました。

実は、私が一番緊張していたのが、行きと帰りの機内食でした。
というのも、私は機内食が大の苦手。というかトラウマ。

中学生のときにオーストラリアでホームステイをしたことがあるのですが、その帰りの
飛行機の中で、みんなではしゃいで機内食やらお菓子やら食べまくっていたら、
その後ものすごく気持ち悪くなり、まぁ機内でそれはそれは悲惨な状態に・・・。
と、そんな出来事がきっかけで、その後一切、機内食を食べられなくなりました。
食べるどころか、機内食特有の匂いをかぐだけで気持ち悪くなるので、
必ず食べ物を持ちこみ、機内食タイムになると香水をしみ込ませたハンカチで
口と鼻を押さえて、ひたすら耐える~~というほど。

そんなひどいトラウマと20年以上付き合ってきたのですが、飛行機も機内食も、
ずいぶんと進化してきたようです。
そして、今回の出張でJALに乗って、確信しました。

「やっぱりあの、機内食特有の匂いがしなくなってる!!」

おそるおそる、行きは「味噌カツ」、帰りは「タイカレー」を選んだ結果、中学以来初めて
ほんのちょっとだけですが、機内食を口をすることができたのです~!パチパチパチ。
食いしん坊の私にとっては、これはとてもうれしい発見&進歩でした。

といいつつも、このブログを書きながら機内食のことを考えていたら、
若干気持ちが悪くなってきていますが・・(笑)

次こそは、大好きなハワイに行って、今話題の「俺の機内食」(人気店「俺のフレンチ」
「俺のイタリアン」とのコラボメニュー)を食べて、完全克服を目指したいと思います!

※JALホノルル線機内食を「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」シェフが監修
//www.oreno.co.jp/2013/08/26/jal/

DSC_0592.jpgのサムネール画像












先週末くらいから肌寒くなり、必死で長袖に衣替え中のfujiiです。

さて食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋。
止まらない食欲を解消すべくスポーツ・・・なんて、
普段全く意識することがないだら~っとした日々を過ごしている私ですが、
今週末にちょっとした「運動」をしました。

まずは、広島カープの応援。
今年は、なんと16年ぶりのAクラス! 初クライマックスシリーズ出場!
fujiiの実家の広島では、街をあげてのお祭り騒ぎです。

もちろんfujii家、中でも父は熱狂的なカープファンです。
マツダスタジアム建設の際はたる募金に募金をし、
2軍の試合にも足を運ぶような父です。
そんな父のために、ネット予約開始時にネットに張り付き、
オークションも活用し、金・土・日の3日間のチケットを確保し、
父をわざわざ広島から呼び寄せました。

そして私も金曜日、子供を保育園に迎えに行き、その足で遅れながらも東京ドームへ。
先に入場していた父と合流しました。

写真1 (640x480).jpg



東京ドームで観戦中







野球よく観戦する人はご存知かもしれませんが、
カープの応援は「スクワットコール」が名物です。
そう、ただ一心不乱に、メガホン片手に腕をふりつつ、
立ったり座ったり繰り返すんです!

その結果、私は2日後の日曜日(笑)、右腕、太ももがゆる~く筋肉痛に。

余談ですが、チケットを取った初日の金曜日早々に
巨人の優勝を見守るという残念な結果になりましたが、
父は周辺に座っていた在京カープファン数名とともに飲み屋街に消え、
楽しい一夜を過ごしたようです。
(私はそんな父を横目に娘と散歩しながら帰りました)

写真2(640x480).jpg


散歩中に佇む娘とカープ坊や
(父が仲良くなったカープファンの方に貰いました)







そして、運動といえば、もう1つ。
なんと、娘の運動会の父母競技へ参加しました。

運動会への参加なんて、高校生以来のことではないでしょうか?
参加競技は「親子リレー」と「綱引き」。
天候不良で土曜から平日の月曜日に変更されてしまい、
1日フルに応援に参加できる親が減ってしまったため、
どうしてもという保育園の依頼を断ることができませんでした。

まず午前に綱引きに参加。無難にクリア。

問題は親子リレーです。
普段、保育園のお迎えぎりぎりの時間のfujiiは、
駅の階段や、駅から自転車が置いてある自宅まで走ります。
・・・が、リレーは、子供と他の親御さんの本気度が違います(笑)
そんなわけで、トラック半周を、誰にも見せられないような
必死の形相で走ることになりました。

そんなプライドを捨てた結果の戦利品は、りんご1個とゴミ袋。

そんなこんなの週末を過ごし、水曜日の今日。
ゆる~く、ゆる~く筋肉痛。

少しは運動しないとな~と、あらためて実感中の今日この頃です。

もう10月になりますので、ちょっと季節外れの感がありますが、今年の夏は娘(長女)と二人で

三宅島・御蔵島へダイビングとイルカウォッチングに行くはめに・・・

娘は沖縄・名護で気楽に教員生活をエンジョイしダイビングはお手のもの。帰省中に急遽

「御蔵島の野生イルカを見たい」と父親のスネを当てにして言い出し、ダイビングなどやったこともない父親は、娘が相手にしてくれるものならとホイホイついて行った次第です。

 

東京都とは云うものの、約200㎞離れた南の島、けっこう雰囲気はありました。

『泳げない私』は、到着後すぐにトレーナーの個人指導でスキューバとスノ―ケリングの猛特訓・・・

ハラハラ・ドキドキ・バタバタしながらもなんとなく「泳いでる風」になりました。

【スキューバダイビング特訓中の私と娘】

130818三宅島ダイビング.jpgのサムネール画像








翌日はいよいよ御蔵島ドルフィンスイムツアーへ出発!

三宅島から御蔵島へは船(小さな漁船)で約40分、波は穏やかだと云われるものの「小さなジェットコースター」くらいの揺れはあります。

島の周りに野生イルカ(バンドウイルカ)100頭程生息しているらしく、回遊しそうな先に船で待ち構え、船から飛び込んでスノーケリングでイルカと「コンタクト」するのです。<船からダイブ~スノーケリング~船に引上げ~回遊ポイントへ船の移動>がワンセットで10分程度、これを10回程度繰り返します。

私は、3セット終了した時点で船酔いでダウン。止まっている状態の船の横揺れにやられるとは想定外でした。

【御蔵島】

御蔵島.jpg御蔵島イルカ.png御蔵島イルカ②.png








娘はイルカとのコンタクトに感動・感激。

私は「無我夢中」状態に感激した次第です。

宿に帰ってからは、おいしい食事とお酒で体調復活~楽しい想い出ができました。








 早稲田大学人間科学部教授 向後千春先生が、「春に出しました」と言ってご著書をくださいました。「30分で読めるよ」とおっしゃるので、「それはさすがに......」と思ったけど、ほんとに30分で読めました!

『いちばんやさしい教える技術』向後千春著 永岡書店 1050円

kogo.jpg

 30分で読めるから、じゃあ内容が薄いのか、というと、ううん、この30分には濃縮生ジュースのように濃い、明日から使えるスキル(というのはQuonbの合言葉)満載です。30分で読めるのは、

1 文章が平易で読みやすく、文意を誤解するリスクがない
2 論理が一貫している(途中で混乱しない)

からです。
 30分でこれだけのスキルを簡単に理解できるこの本は「すごくお得」であり、インストラクショナル・デザインの解説書のなかで、たぶん最もやさしい教科書です。

 さてこの本には何が書いてあるのか?

 学ぶ人が「今までできないことができる」状態になることが「教える」ことである。
できるようにならないのは、教える人が悪いから。(←ひえ~)
教えるためには「教える技術」が必要である。

 教えるゴールは3つに分類される。
 1 運動スキル(お箸をもつ、自転車に乗る、トランペットを吹く)
 2 認知スキル(英単語を覚える、数学を解く、わかりやすい文章を書く)
 3 態度スキル(モチベーションをあげる、リーダーシップをとる)

 それぞれのスキルには、それぞれ適した教え方がある、と向後先生は言います。
各スキルは、とてもわかりやすく解説されています。

 この本を読むと、「知っていたら子育てのときに、このやりかたを使えたのに!」
「仕事であんな言い方をしなかったのに」と絶対思うはず。

 つまり「教える技術」は科学的に分析された「優れたコミュニケーション技術」であり、教室ではもちろん、仕事でも日常生活でも十分に、そしていつも使えるスキルだということです。なんと春に発売後、5刷りもしているという売れっぷりだそう。

 30分で概要をつかんだら、半年かけてスキルを習得しましょう。わからなくなったり、困ったりしたら、該当ページを読み直します。この本はそんなふうに使う本です。


« 2013年9月 | メインページ | アーカイブ | 2013年11月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

azuma

仕事はやっぱり「ハートで聴く」が信条。
今日もバイリンガル中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ