Quonblog~ただいま○○中~

2014年2月アーカイブ
週末に横浜にあるIKEA港北店に行き、本棚を買いました。
IKEAといえば、スウェーデン発の家具専門店で、
デザイン性のある低価格な家具で人気ですよね。

我が家の子ども部屋はほとんどIKEA家具で揃えています。
机、チェスト、本棚、ベッド、ラグマット。
カラフルなものが多いので子ども部屋には適しています。
全ての家具をあわせても総額10万円を超えないかもしれません。

しかし、ご存知の通り、IKEAの家具は組み立て式です。
電動ドリルでネジを締めたり、スパナでボルトを回したり。
大型のものを組み立てるのにはけっこうな時間と労力が必要です。

ベッドを組み立てた時は、あまりの体力の消耗に(不器用なだけですが)、
もう二度と買わない(怒)!と誓ったのに、やっぱりあの安さは魅力的。
「大○家具」などにはなかなか足が向かなくなってしまうのです。

DIY(Do it yourself)が流行っていますが、
組み立て家具を組み立てるのもDIYの最初の一歩だと思って、
これから工具の使い方に磨きをかけていきます。

IMG_5849.jpg

仕事のせいかプライベートのせいかわかりませんが、ストレス解消のための食べ過ぎと飲み過ぎで、腰が痛いparkです。

さて、最近インターネットの住民の間でiPhoneのバグが盛んに取り上げられています。

iPhoneをお持ちのみなさん、計算機のアプリで「2500÷50」を計算してみてください。
なぜか「1」という誤った解が表示されるはずです。
「アップルの不具合発見!」と鬼の首を取ったようにお喜びになるあなたの気持ち、大変よくわかります。

早速種明かしですが、このページにわかりやすく解説されていますので、ぜひ参照してみてください。

iPhoneを持っているチームメンバーにことごとく試してみましたが、意外にみなさんこのカラクリに気付かないものなんですねー。

ちなみに、Androidはこの点、しっかりと設計されているようで、ユーザーの誤った認識を招くような作りにはなっていませんでした。

ぜひみなさんもお試しになってくださいね。
気になるのは五輪よりキャンプ情報なkanekoです。

早稲田大学の卒業生でもある小保方 晴子さんが発見した「STAP細胞」が大変な話題になっていますね。
前例や常識にとらわれない発想は、分野は違えど大きな刺激になりました。
すぐ実用化とはいかないでしょうが、順調に研究が進む事を願うばかりです。

さて、「自分も何か新しいアイデアを考えてやるぞ!」と思ったとき、
自由にアイデアを出すことの難しさを感じることはありませんか?

「自分ではいいと思っているんだけど、皆はどんな反応をするんだろう?」
「現実的に難しいと思うし、言うのが恥ずかしい......」

こんなことを考え始めると、途中でだんだんとトーンダウンしがちです。

特にそれが「厳粛な会議の場」だったら!
批判的な意見に怯える小心者な(?)kanekoは口も開けないかもしれません。
チームでアイデアを出す手法「ブレーンストーミング」はとても有名ですが、
効果的に実施するのは思いのほか難しいと感じる方も多いようです。

ブレーンストーミングの効果が上がらない場合、
それは「ルールが守られていないこと」に原因があるかもしれません。

ブレーンストーミングは「たくさんのアイデアを出すこと」が目的の1つですので、
そこには「質より量」や「批判厳禁」といったルールがあります。
これらのルールを守らないと、アイデアを自由に出すことはおろか
メンバーの意気も削いでしまう「品評会」になりかねません。
ルールを理解して実施することで、個人では考え付かなかったアイデアを思いついたり
共同で創りあげる達成感が得られたりといった効果が期待できるのです。

2月に実施する新セミナー「<アイデアを広げる>発想転換トレーニング」は、
ブレーンストーミングの効果的な実施法やアイデアを広げるための発想刺激法などを
演習を通して学ぶプログラムです。
いつもの業務から少し離れ、クリエイティブシンキングを駆使しながら
アイデアを広げる体験をしてみませんか?

私の実家では、親と妹と弟家族が同じ屋根の下で暮らしているのですが、
先日私が帰省したとき、プチ事件が発生しました。

というのも、ある朝、弟の奥さん(Mちゃん)がトイレに閉じ込められて
出られなくなってしまったのです。
トイレの鍵は縦向きから横向きにくるっと回す形のものなのですが、
出ようとして縦に戻したのに、なぜか鍵はかかったままでドアがびくとも
動かなくなってしまったそう。
妹がどこかから聞こえる「たすけて~~~」という小さな声に気づき、
あわててみんなでトイレにかけつけたのですが、押しても引いても
やっぱりドアはびくともしません。
外からドライバーでがちゃがちゃやってもダメです。

修理を頼んだところ、到着まで少なくとも30分はかかるとのこと。
かわいそうなMちゃんは、そのまましばらくトイレで過ごすことに
なってしまいました。
もちろん、携帯も持っていなければ、トイレには本や雑誌の類も
置いてありません。

ああ、なんてかわいそう。。
だけど、なにもしてあげられない。。

と、私があきらめてふだんの生活に戻ろうとしたとき、そこへ
やってきたのが甥っ子たち(弟の子どもたち)。

6歳の長男は「ママー、おてがみかいたよー」と
ドアのすき間から紙をするすると差し入れ、
4歳の次男は「ママー、おうたうたってー」と
おもちゃのピアノをじゃんじゃん弾きはじめました。

ああ、なんてかわいい子どもたち(涙)

子どもたちの、ママになにかしてあげたいという気持ちに
心打たれた冬の朝でした。

その後、修理屋さんがやって来て、無事Mちゃんは救出されましたが、
原因は小さなバネの劣化、とのこと。
人生何が起こるかわからないので、トイレには携帯を持って入った
ほうがよさそうです。

1389571630359.jpg
« 2014年1月 | メインページ | アーカイブ | 2014年3月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

azuma

仕事はやっぱり「ハートで聴く」が信条。
今日もバイリンガル中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ