Quonblog~ただいま○○中~

2015年6月アーカイブ

仕事仲間のOさんとの会話で、奥さんが梅干しづくりの達人だと聞き、梅干しづくりへの関心が俄かにムクムクと湧いてきました。我が家には梅の古木があり、毎年たくさんの実をつけますが、いつも鳥のエサか、落下して腐り、始末の悪いゴミとなっています。

梅の木②.JPG梅の木④.JPG








この梅の木は杏との掛け合わせということで、64くらいの割合で、最初の見た目は梅の実ですが、熟成してくると色も味も杏に近くなり、実が柔らかいので漬け込むには適さないと諦めていました。
梅の実①.JPG
梅の実④.JPG

⇒⇒⇒








*右の写真は皮をムイタ状態...甘い杏味で、このまま食べられます。

梅干しづくりは初めてなのでサイトをいろいろと調べてみました。必要なものは、「完熟梅」と「粗塩」だけ。梅酒用の梅は「青梅」ですが、梅干し用の梅は「完熟梅」と分かり、この梅はうってつけとかも知れないと仕上がりに期待が膨らみます。

基本的な手順は、

完熟梅を洗い水気を取る 

梅と塩を保存容器に入れて重し(水を入れたビニールなど)をする

梅雨明け頃にザルに並べて「天日干し」する →干し上がったら出来上がり

今は②で待ちの状態です。

梅ぼしづくり①.JPG 梅ぼしづくり②.JPG






今年はお試しトライアルで1Kgだけでしたが、うまくできるようであれば...来年は大量生産に励みたいと、皮算用している今日この頃です。


関東も梅雨入りしましたね。うっとおしい季節ですが、
小さな楽しみはコケ探索。

え~、なにそれ? と言われそうですが、コケってよく見るとかわいいんです。

コケは、植物の中では珍しく土を必要とせず、石でもコンクリートでもはりついて、
水と太陽の光だけでけなげに生きています。

根から水分を吸い上げるということができないので、空気中の湿り気がなくなると
休眠モードにはいり、生命活動を休止してしまいます。
コケが茶色くなり、なんだかきたない...と思う時は、休眠モードなのです。
ちゃんと梅雨時には復活し、きれいな緑が戻ってきます。

そして梅雨はコケの恋の季節。
受精した雌株が、細い糸のようなものを伸ばし、
その先には胞子体という、コケの種のようなものがはいった袋をつけます。
近づいてよく見ると、草原に咲いた花のミニチュアのようです。

というわけで、梅雨時はコケ探索にとてもいい季節です。

どこにでもあるので、遠くまで行かなくても、近所で探せるのもいいところ。
ただ、小さいものなので、しゃがんでじーっと観ていたりすると
変人扱いされる危険性があるのが難点ですね...。

最後に、私がコケに興味を持つきっかけになった本を紹介します。

「コケはともだち」(秋山弘之監修 藤井久子著 リトルモア)

コケとの出会いストーリー、おすすめ観察スポット、キャラ化されたコケなど、
コケおたくのとめどもない話につきあっているうち、いつのまにかコケ好きに...
なる人がいるかもしれない、楽しい本です。
娘が小学校に入学し、末っ子が保育園に入園し、私が職場復帰し、と
環境変化の激しかった4月から2か月が経ち、ようやく日々の生活に慣れてきた
今日このごろです。

さて、娘の小学校生活を見ていて感じることは、
いまどきの小学生は何て忙しいのだろう!ということです。

毎日学校の後に学童に行き、週に2日は学童を早引けして習い事に行き、
家に帰ってくるのはいつも18時過ぎです。
周囲は夫婦共働きの世帯が多く、娘の友達もみんな同じ状況です。

私が1年生のころは、学校が終わるとまずはいったん帰宅し、
そこから公園に遊びに行ったり、友達が家に遊びに来たり、
とにかく自分の家が拠点となり、生活の中心だったように思います。

家以外の場所で長い時間(約10時間!)、しかもずっと集団の中で過ごすなんて、
考えただけで気疲れしてしまいそう。

けれども、娘はいまのところ毎日小学校が楽しいようで。
いまどきの小学生はタフですね!
« 2015年5月 | メインページ | アーカイブ | 2015年7月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

azuma

仕事はやっぱり「ハートで聴く」が信条。
今日もバイリンガル中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ