Quonblog~ただいま○○中~

2015年8月 7日アーカイブ
小一の娘の夏休みの宿題に「あさがおの観察日記」があります。
一学期に学校で育てたあさがおを自宅に持ち帰り、成長過程を観察して
記録するというものです。

自分もやったなーと懐かしく、
上半分にあさがおの絵を描き、下半分に観察日記を書く、という
いわゆる日記帳のようなものを想像しましたが、
娘が学校から渡されたのはA3サイズの白紙の画用紙が一枚だけです。

この画用紙に、写真や押し花を貼ったり、もちろん文章やイラストを
書いても良く、とにかく自由に楽しく仕上げてください、と書いてあります。

まだ小一なので親の手助けが必要で、
さっそく娘と一緒に仕上がりのイメージについて話し合いました。

つぼみの状態から花が咲き、枯れて種ができるまでの一連の過程を写真に撮り、
経過順に並べて、写真の下に娘がコメントを書く。そして押し花や種の実物も
貼って、カラフルに、楽しい感じに...。
ラフ案まで書いてあげて、親の宿題かと突っ込みを入れながら、また、
親のセンスが問われているのかもしれないと勝手にプレッシャーを感じながら、
仕上がりイメージを完成させました。

しかし、観察を開始し、つぼみだと思って最初の写真を撮ってから(写真1)、
待てど暮らせど一向に花を咲かせる気配がなく、しまいにはそれが茶色くなって
中から種が見えてくるという(写真2)、予想外の展開となりました。

調べたところ、つぼみだと思っていた緑色の膨らみは、
花が咲き終わった後にできるめしべの子房だったことが分かりました。
結局、娘のあさがおは、小学校で花盛りの全盛期を迎え、家に持って帰る時には
全ての花が咲き終わっていたようです。

この危機的な状況を、どのような形で楽しい観察日記に仕上げるか、
ここは親の腕の見せ所だとポジティブにとらえ、再検討します。。
写真1
IMG_1976 (1).JPGのサムネール画像写真2
IMG_2015.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
















« 2015年7月31日 | メインページ | アーカイブ | 2015年8月22日 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のブログ記事

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

azuma

仕事はやっぱり「ハートで聴く」が信条。
今日もバイリンガル中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ