Quonblog~ただいま○○中~

2015年10月アーカイブ

「乙女チックに活動中」で以前からご紹介している「絵封筒」普及活動ですが、この度、「絵封筒展in豊橋2015 ~育もう心の絆 つなげよう日本の文化~」を、エフエム豊橋のご協力、教育委員会・郵便局・新聞社などのご後援をいただき開催します。

「絵封筒」は日本の手紙文化を伝承し、相手のことを思いやり、新たな温もりや価値を創造するコミュニティ社会を目指すツールです。

この「絵封筒」を活かし、東日本大震災で被災された子どもたちや今なお復興支援されている方々へ、心の支援として、励ましのお便りを送ろう、ということが趣旨です。

展示会:絵封筒展in豊橋2015 ~育もう心の絆 つなげよう日本の文化~

開催日:1121()23()

会場:豊橋駅前 ココラフロント内のエフエム豊橋ココラスタジオ アートスペース

   //www.843fm.co.jp/?page_id=1084

 展示会では応募作品の展示のほか、絵封筒体験ワークショップも行います。

ご興味をもっていただいた方は、下記のご支援をいただけるとありがたいです。

・絵封筒作品を応募してみる

・展示会を見に行く

・お手持ちの古い切手やハガキ(いずれも未使用のもの)を提供する

  →小学校で行っている「絵封筒でつながろうプロジェクト」で活用します

・お知り合いの方などに、絵封筒協会のことや展示会のことを広める

絵封筒協会HP  //efuto.net/

上記についての問い合わせはこちらへご連絡ください。

【問い合わせ先】 uchiyama(内山) / h.uchiyama@w-as.jp

■絵封筒作品募集チラシ 20151022.jpg

最近髪型を変えたせいか、他人に間違えられて、知らない人から声を掛けられる
ということが2回ありました。

1回目は帰宅中のバスの中で、途中で乗ってきた小さな子供を連れた女性から
「あ!こんばんはー」と笑顔で会釈されました。
2回目は会社近くでランチ中に、店内に入ってきた大学生らしき女子集団の一人から
「あ!エリー(私と異なる名前)!!」と元気に呼びかけられました。

二人ともすぐに人違いだと気付いたようですが、
これまで他人に間違えられる経験がなかったので、髪型だけでこんなに印象が違うのか
ということと、自分はどこにでもいそうな顔なんだな、と実感したのでした。
(一瞬でも大学生と認識されたのは光栄でしたが)

少し話は変わりますが、髪型といえば、私の若かりし大学時代の髪型は、
今の私しか知らない人から見れば想像もつかないものだったと思います。
ボーイッシュな格好が好きで、髪はいつも短めのショートカット、一時期は金髪だった
こともあります。就職活動中は少し伸ばして黒くなったけれど、活動終了と同時に
ばっさり切って髪色も明るく戻していました。

卒業し、社会人として年を重ねていくにつれ、だんだんと髪を伸ばすようになり、
OLっぽい服装も好むようになりました。
大人になってTPOをわきまえられるようになった分、今ではショートにする勇気が
無くなりすっかり保守的になってしまった自分がいます。

若気の至りではあったけれど、
あの頃の勢いや自己主張が懐かしい、今日この頃です。
会社から歩いて10分くらいのところに、parkがそこそこよく通う定食屋さん(夜は居酒屋さん)があります。
内装・外装ともは非常に年季が入っていて、きたなシュラン(今は「きたなトラン」と言うようです)に出てきそうなお店です。
きたなシュランに出てきそうなだけに、ランチはメインと小鉢二つ、ご飯、味噌汁で600円とリーズナブルで味も申し分ありません。
しかも学生街には珍しく、魚のメニューが充実しているので、近隣のサラリーマンでいつも満員。
12時には早くも売り切れのメニューが出るほどです。

の定食屋さんの弱みは不定休で、何の前触れもなく突然お休みすることがあります。お店は大通りから小さな路地に入って20mくらいのところにあるので、のれんが出ているかどうか大通りから確認したうえで、のれんが出ていなければ、路地に入らず大通り沿いの別のお店でランチする、というのが良くあるパターンです。

そののれんが、8月くらいに出ていない日が続きました。個人経営のお店なので、最初は「長期の夏休みで海外旅行にでも行ってるのだろう」と思っていました。ところが、9月に入ってもいっこうにのれんがかかりません。「ご主人、顔色が悪かったなー。もしかすると大病かなー。閉店だろうなー」と、大切なお店に心の中でお別れを告げたのでした。

そして10月に入って、「お店の出入り口とかに、閉店の張り紙とか貼ってないかなー」とふと気になり、大通りから路地に入ってお店のドアをのぞいてみたらなんと!のれんは出ていませんが、メニュー表が掲示してあるじゃないですか。ドアを開けると、お客さんはまばらですが、確かに営業しています。

その後、すでに3回ほどお店に通いましたが、連日満員でにぎわっていた面影はなくガラガラで、テレビの音声だけがさびしく店内に響いている状況です。
常連さんの多くも、きっと、大通りからのれんが出てないことを確認して、お店が休業していると思いこんでいるものと推測できます。他方で、お店側もそのことにたぶん気づいているはずですが、なんのアクションも起こさないのが、不思議で仕方がありません。

ともかくも、当分はゆったりとしたランチの時間を過ごせそうです。


朝晩が冷えるようになり、夏が過ぎ去る足音が聞こえてきそうですね。
今年は食欲の秋より運動の秋にしたい(と毎年思う)kanekoです。

さて、以前からブログで「台湾」について書いていますが、今回は日台のコラボレーションについて、私の身近なところで実施されていたものを紹介します。

●日台縦断!鉄道スタンプラリー

西武鉄道、京急電鉄、JR 東日本と台湾鉄路がそれぞれ協定を締結した記念に始まったスタンプラリーです。
日台で全10駅に設置されたスタンプのうち、5つを集めると記念品がもらえるというもの。

日本でのスタンプ設置個所は、西武鉄道の西武秩父駅・本川越駅、京急電鉄の三浦海岸駅・羽田空港国際線ターミナル駅、JR 東日本の東京駅の5か所。
私は西武線を使っているのですが、普段どれかの路線を使っていると比較的簡単に集まるかと思います。

台湾でのスタンプ設置個所は台北駅・新竹駅・台中駅・嘉義駅・花蓮駅の5か所で、日台それぞれ2か所以上のスタンプを押さなくてはなりません。
観光で台湾を訪れる方の多くは台北駅を利用されるでしょうから、あと一か所どこにするかです。
どこもそれなりに遠く、観光もしたければ一日潰れるのは覚悟しなければなりませんが、新竹のビーフンなどそれぞれ特徴があるので、狙いを定めて行くといいかもしれませんね。
ただ、台北に宿泊して嘉義、花蓮へ日帰りは少し大変かと思いますし、特に花蓮方面へ向かう東側の電車は、各駅停車以外のチケットが早めに売りきれてしまうこともあるので要注意です。

私はこの中だと嘉義に行ったことがあります。
名物の鶏肉飯が大変美味しく、現地まで行く価値ありだと思っています。
鶏肉と書いてあるけど実は七面鳥で、しっとりした肉とご飯の相性は抜群です。

鶏肉飯.JPG KANO.JPG
    嘉義名物、鶏肉飯               映画「KANO」の像

ちなみに、西武鉄道と台湾鉄路が協定を結んでいることによって、台北駅には西武ライオンズの「レオ」が飾ってあります。
もし行かれる方がいらっしゃれば、ぜひ探してみてください。
(野球の日台コラボについても、そのうち書いてみたいと思います)

レオ.JPG
    台北駅のレオ

« 2015年9月 | メインページ | アーカイブ | 2015年11月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

azuma

仕事はやっぱり「ハートで聴く」が信条。
今日もバイリンガル中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ