Quonblog~ただいま○○中~

2016年10月アーカイブ
こんにちは、疲れているときも笑顔は忘れたくないparkです。

つい先日の10月21日は早稲田大学の創立記念日で、グループ組織の当社も臨時のお休みをいただきました。
せっかくの平日のお休みなので、週末は紅葉狩りの人たちでごった返すであろう黒部ダムのほうに、ハイキングに行ってきました。

このところ非常に忙しかったこともあり、すっきりリフレッシュしようと目論んでいましたが、結論から言うと、コースタイム2日間(計13時間)の道のりのあいだ、頭からずっと仕事が離れることがなく悶々と考え続けてしまい、気分転換どころではなかったです。

最近はやりの「マインドフルネス」に精進すべく、今年に入って脳のトレーニングをほぼ毎日続けているのですが、その成果はどこにいったことやら。
いまそこにある景色、におい、岩と土の感覚、渓谷の爆音など素晴らしいものばかりでしたが、全然集中できませんでした。

一方で、元マッキンゼーの伊賀泰代さんの著書で、数年前にけっこう売れていた書籍に『採用基準』という本があったかと思います。
そこには、できるコンサルタントの条件として、「思考体力」、つまり、仕事の移動中でもプライベートのときでもどんなときでも、いやでも考えてしまう、考え続けることのできる力が必要である的なことが確か書かれていたことを思い出して、「あぁ、俺もとうとうこの域に入ったか」と都合の良い解釈を楽しんだりもしています。

いやダメですね、やっぱり休日は仕事を忘れてリフレッシュすることにします。


徐々に日が短くなりつつあるのを実感しているkanekoです。

前回、タロットカードで内省をしている話を書きました。
それも続けているのですが、実は最近また新しいツールを使っています。

Points of You®

IMG_2842_2.JPG

イスラエルで開発をされた、コーチングやカウンセリングなどで使用されるカードで、世界147カ国、18の言語に翻訳をされて使用をされています。
私はこのツールに惚れ込んでしまい、つい先日「認定トレーナー」の資格を取得しました。

  • 誰にも使え、気づきを得られる

このツールの開発者は、エグゼクティブのコーチングやカウンセリング、あるいはそれらのトレーニングをしている2名の方です。
彼らは仕事を通じ、「本当にコーチングやカウンセリングを必要としているのは、社会的・経済的に弱い人たちだ」という思いを持ち、ボランティア精神をもって様々な方にコーチングやカウンセリングを行いました。

しかし、イスラエルがそう大きな国ではないとしても、2人での活動には限度がありました。
そこで彼らは、楽しく身近に感じることができ、専門的な知識がなくても誰にでも簡単に使えるツールを開発しようと思い至ります。
2年の歳月を費やして開発したのが、このPoints of You®の「コーチングゲーム」です。

日常の一部を切り出した写真のカードは、ただきれいなだけでなく、そこに大きく「想像の余地」を残します。
私たちが直面している現実の問題を、このカードを通して考えることで、普段とは違った角度から気づきを得ることができるのです。

  • 一人でも、みんなでも

このツールは、基本のセットとして「レイアウトチャート」というシートが付属しています。
複数のカードをこのチャートに沿ってひくことで、誰でも思考を深めることができるようになっています。

一方で、私はぜひ複数の方で話をしながらツールを使ってほしいと思っています。

Points of You®の基本的な考えとして「視点は無限である」という概念があります。
一つの事象、一つの出来事であっても、角度を変えてみることで実に様々な視点が存在することに気づくことができる、ということです。
この「視点」は、他者とのコミュニケーションをきっかけにすると、より多角的な発見ができる可能性が高い。そう考えているのです。

  • 発想は自由、使い方も自由

では、複数の方でツールを使うときどんなルールがあるのかというと......実はこのツール、制限がほとんどありません。
一定の型は用意されているのですが、それにこだわる必要はなく、極端に言えば他のツールと組み合わせて使用することも可能です。
使う人が使いたいように使えるというところも、私が気に入っている理由の一つです。

複数の方で使用できるように、例えばワークショップとして仕立てようとすると、それはそれなりに知識や経験が必要です。
ということで、ワークショップデザイナーである私にとっては腕の見せどころと言えるわけです。

もちろん、ツールを使うこと自体が目的ではないのですが、「気づき」を得るための一つの手段として、今後活用してみたいと考えています。
体験してみたい!という方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡くださいませ。

IMG_2898_2.JPG

風邪が長引いてマスクが手放せないtomineです。
喉の痛みと熱の後には咳が止まらない日々がやってきて、呼吸器内科にかかり、
薬を飲んで回復を待っています。

最近、気候の変化などで割とすぐに体調を崩すことが増えてきて、何とかしたいと思っています。
いろいろ調べてみましたが、健康な体のために必要なのは、
バランスのとれた食事、質のよい睡眠、適度な運動、ストレスをためない...
というのが王道のようですね。

それで気になるのが「適度な運動」。
スポーツの秋とも言いますし、体を動かしてみたいと常々思ってはいるのです。
ここ数年間、ジムに通っていたのですが、引っ越しを機にやめてしまいました
(近所にジムがないため)。
昔は水泳を習っていましたが、部活は吹奏楽とオーケストラ漬けで、
まともな運動経験のない私に何かできるものはあるのでしょうか...。

平日も可、初心者でも無理なくできる、気軽に参加できる、
チームスポーツではない(足を引っ張りそうだから)、会費が高すぎない、
必要備品がない(もしくは少ない)...等々、できるものをいざ探そうと思うと、
条件が多くなってしまいます。

それでもスポーツで汗を流す、ということに憧れている、文化部の私。
周囲の人にお勧めを聞いてみて、今年は体を動かす健康的な秋を過ごしたいものです。
まずは今の風邪を治すところからですね。
元気な体を取り戻して、気分もすっきりさせたいです。
みなさんも、お気をつけください。
« 2016年9月 | メインページ | アーカイブ | 2016年11月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

azuma

仕事はやっぱり「ハートで聴く」が信条。
今日もバイリンガル中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ