Quonblog~ただいま○○中~

今年も色々とアツいプロ野球。
交流戦も半ばを過ぎ、梅雨に負けず熱戦が続いています。
...諸事情により、成績の話はNGです。おさっしください。

さて今日の話題は、プロ野球の中では少し本流から逸れるのですが、今や球場になくてはならない「マスコット」のお話です。


メインキャラではなく、三番手以降のキャラクターが増える

どの球団も、メインになるキャラクターが既に存在しています。
その中で、「メインにはなれないけど特徴のあるキャラクター」が増えているのです。

特にパ・リーグ。
このあたりの集客術は見事だと思いながらも、ここまでやるか?という振り切ったものが居るのが特徴です。
いくつか見てみましょう。

福岡ソフトバンクホークス『ふうさん』
 
昨年、突然現れて野球ファンがざわつきました。
7回と勝利時に飛ばすジェット風船がモチーフになっているようです。
のっぺりした、見つめると不安になってくる顔をした結構大きなキャラクター。
撤収時にそのままだとゲートをくぐれないため、ダイナミックに倒れて引きずられて片付けられる点が思いの外愛らしいです。

ちなみに、我らがスワローズのつば九郎さんとは因縁があり、一方的な暴行を受けたとか、受けなかったとか。
でも、コラボグッズは売れているみたいで、仲が悪いわけではないようです。

オリックス・バファローズ『バファローズポンタ』
 
こちらも昨年から、ローソンでおなじみのポンタがコラボしています。
このキャラクターを有名にしたのは、試合結果にあわせて毎試合つぶやかれるTwitterです。
かわいい絵柄にも関わらず、負け試合のツイートのシュールさは一見の価値があります。
勝ってもただ可愛いだけなので、どこかで負けることを期待してしまう野球ファンもいるとかいないとか。
決め台詞の「んほー!」は衝撃を受けます。

ちなみに、公式グッズとして発売されたバファローズポンタのぬいぐるみは大変な人気を博し、発売後すぐに完売となったそうです。

※ここまで書いて、ちょっと趣旨からずれているような気がしてきました。
 どうぞ細かいことは気にしないでください。

東北楽天ゴールデンイーグルス『クロワシさん』

ここからぐっと謎レベルが上がります。
何と言っても、「被り物したおじさん」以外に説明しようのない出で立ち。
中の人(?)が出ているキャラクターなんて、見たことありません。
そもそも、鳥なのか人なのかもよくわかりません。
残念ながら中継を含めてまだ動いている姿を見たことがないのですが、今年は何度か出て来るみたいです。

ちなみに、手に持ったビニール袋には名刺が入っているそうです。
もらいたいような、もらいたくもないような。

④千葉ロッテマリーンズ『謎の魚』

公式すら「謎」と認めている、正真正銘の謎キャラクターです。
お時間のある(=暇な)方は、ぜひ動画を見てください。

パ・リーグTV
 【5回裏終了後】魚!!魚!!魚!! 「謎の魚」が第3形態に姿を変えて登場!!
 ※動画です。音声などご注意ください。

なぜ形態変化をしているのか、いやそもそもなぜ魚なのか、むしろこれは魚なのか、謎はつきません。
動画が拡散された結果、母なる海を超えて世界中で話題になっているとか、いないとか。

...だめだ、何度見ても謎すぎて心がざわつきます。

ここまでくると、登場以来不評ぎみなスワローズマスコットにして覆面レスラーの『トルクーヤ』が可愛く思えてきますね。
うん、よかったよ、トルクーヤで。


こういった特徴的なキャラクターたちも、従来とは異なる新しい路線でのファン獲得を目指したものと考えられます。
試合も楽しい、試合じゃないところも楽しい。
こういった工夫が近年の集客に繋がっているのですね。

メインページ | アーカイブ
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

azuma

仕事はやっぱり「ハートで聴く」が信条。
今日もバイリンガル中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ