Quonblog~ただいま○○中~

satoアーカイブ
筆記用具が好きで、無駄にたくさん所持しているkazです。
「好き」だけで買ってしまうので
宝の持ち腐れというものも多いのですが...。

その筆頭が「万年筆」。クラシックなイメージが好きで
何本か持っていたのに、いつの間にかペン先が傷んでいたり、
インクが出なくなっていたり。

ボールペンの性能がよくなり、種類が飛躍的に増えたのも一因でした。
少し前まで、極細のボールペンを何色も揃えて喜んでいたので...。

しかし、老眼鏡が手放せなくなるとともに
極細ボールペンへの愛が薄れて、だんだんとサラサラ書ける
太目のものにシフト。
そして最近、パイロットの「カクノ」という万年筆に出会い
毎日持ち歩くようになりました。

何といっても1,000円という安さなので、
筆入れに入れずにカバンにつっこんでも罪悪感なし(笑)。
それでいて書きごこちはなかなかのものです。
久しぶりに「万年筆を走らす」感触を楽しんでいます。

写真を載せてみます。
IMG_1270 (2).jpg

社会人が使うのかい!ってつっこまれそうな外観ですが
この値段相応のデザインがまた気に入ってるわけです。
とはいえボールペン10本分の値段。
チープなのかぜいたく品なのかよくわからないですね...。
前の「婚活中のpark」さんのブログを読んでいて
ウニ...北の海...南三陸の海産物食べたい!
という連想になったkazです。

南三陸町をご存じでしょうか?
東日本大震災で甚大な被害を受けた、海沿いの町です。
今年、この町では、仮設の店舗で細々と営業を続けていた商店が集まり
「南三陸さんさん商店街」をオープンさせました。

この商店街にはウニ丼もありますが
私のイチオシは焼き海苔。
ちばのり店」というお店で売っている焼き海苔は
東京からもお取り寄せができます。

そして本当においしい!
余計な匂いがいっさいない、これぞ海苔だという味です。

いわゆる「磯の香」というのは、少し濁った海の匂いなんですよね。
三陸の海は、透明できれいで、磯の香がほとんどしません。
三陸海岸の海苔を食べ続けていたら、
匂いのする海苔は苦手になってしまいました。

宮城育ちの夫と結婚して以来、うちではずっとこの店から
海苔を取り寄せていたのですが、
2011年3月、ちばのり店の工場は津波で流されてしまいました。

どうしよう、もう食べれらないのかと思っていたところ、
見事に復活してくれて、味も以前と変わらず、
あらためてリピーターになりました。

家族経営に近い小さな店ですから、津波のあとの再建はどれほど大変だったか
店のみなさんの苦労に手をあわせつつ、大事に大事に食べています。

ちなみに、私の結婚式のお祝い返しも、この店の焼き海苔でした。
あれはもう何年前だったか...(遠い目)

いよいよ本格的な花粉シーズンですね。
私は中学生の頃からの頑固な花粉症持ち。毎年、あれこれ新作の花粉対策グッズを試してみるのが、この時期の唯一の気晴らしだったりします。

さて、私の中では今年度ヒット商品!と呼べるものが2つあります。
まず「ピッタマスク」。ガーゼや不織布ではなく、ポリウレタン製のマスクです。
その名の通り、顔にぴたっとフィットするので、ガーゼマスクにありがちな隙間が最小限に。しかも口のあたりはたっぷり空間が空いているので、息苦しさもなし。
何よりこのマスクだと、メガネがくもらない!
昨年まで愛用していた「快適ガードプロ」というマスクより、さらに強力です。難点は使っているうちに黄ばんでくること...。「3回までなら洗って使える」ということですが、3回洗うとかなり黄ばむんですね。使い捨てにするには少々値がはりますし。このあたりもう少し改良してもらえないかな。

もうひとつは「眼科用洗浄綿」。それ何?という感じでしょうが、目のまわりを拭くための、湿ったコットンです。なぜか目薬より、これで目の周りをぬぐったほうが、かゆみが軽減される(気がする)のです。
いつも帰宅すると洗眼薬で目を洗うのですが、持ち歩けるものではないので、外出先では洗浄綿が必需品になりました。

これらのグッズで、5月はじめまで続くシーズンを乗り切れるか...
まだまだ長い道のりです。
読書の秋ですね。とはいえどんな季節でも「本がお友だち」のkazです。

今年の8月にはじまった、Amazonの電子書籍定額読み放題(月額980円で対象の本が何冊でも読める)サービス「kindle unlimited」。
もちろんサービス開始とともに申し込みましたとも!

出版業界にとってはどうなのかと、賛否両論があるサービスではありますが、月額980円は安いですよね。何より、読む本を切らす、という事態がなくなることが、本好きにとっては何よりうれしいです。

しかし、喜んで毎日とっかえひっかえダウンロードして、iPadで読んでいた矢先、思わぬトラブルがありました。
首が痛くて横が向けなくなってしまったのです。

最初は寝違え?と思いましたが、数日たっても痛みは治らず。
考えてみれば、膝に置いたiPadで本を読むと、首を90度近く曲げるような姿勢になることが多いのです。もう若くはないこともあり(年齢は秘密)、首にいいわけがないですね。

2日ほど電子書籍断ちをしたらあっさり治ってしまったので、原因は明らか。ちょうどそのころ、多くの出版社が「読み放題対象」の本を引き上げてしまうという事態があり、無事に読書量を減らすことができました。

現在、読みたい本はだいたい「上下巻の上しかない」「シリーズの1冊目だけ」という状態になってしまいましたが、それでも立ち読みよりはじっくり読めますし、お気に入りの雑誌2冊だけでも元が取れてしまう値段。
やっぱりkindle unlimitedからは抜けられません。
夏休みはいかがお過ごしでしたか?
私はほとんどの日を、家から半径5kmくらいの中で過ごしていました。

そんな「半径5km」の中に、友人おすすめのスポットがありました。
それは、杉並区にある小学校。
都会の住宅地にある小学校なのですが、学校全体で植物の栽培に力を入れていて、
田んぼがあり、池があり、蝶やトンボがたくさん飛んでいるという
自然にあふれた学校です。

その小学校で、古代ハス(正式には大賀ハス)が咲いたという話を聞き、
特別にお願いして、中に入れてもらいました。
 (通常はこどもに荒らされないように、立ち入り禁止になっています)

古代ハスとは、昭和26年に地中深くの青泥層から発見されたハスの種を
栽培してみたところ、見事に発芽したというもの。
同じ地層から出土された木片を年代測定したところ、約2000年前の種だということがわかったそうです。
2000年の眠りからさめて発芽したハスというわけです。

今ではそのハスから採れたタネや根が全国各地にもらわれていって、栽培されています。
そのひとつが小学校にあるなんてすごい話ですね。
そして、実際の古代ハスは思っていたよりずっと大きくて美しいものでした。

hasu.jpg

この花の命は4日くらいとか。
貴重な花を見ることができてラッキーでした!
うっとり見ているうち、蚊に何か所も刺されましたが...。
我が家の6月の年中行事は、梅仕事。
山梨の母の実家にある2本の梅の木から、梅の実をもいできて、
梅干しや梅酒を仕込むのです。

今年は梅の当たり年で、取りきれないほどの実がなりました。
「漬ける分だけにしようよ」と言っていたのに、
すっかり取るのに夢中になり、気がつけば用意した袋が満杯。、
車のトランクいっぱいに梅の実を積んで帰ることになってしまいました。

洗って、ヘタを取り、乾かして、焼酎で消毒して、カメに入れて。
家族総出で処理しても、まだまだ残っている梅。

どうしようかと悩んだあげく、「よし、あげちゃえ!」ということに。
玄関先にベンチを出して、1キロくらいずつ小分けにした梅を置き、
「ご自由にお持ちください」と書いてみました。

都会の真ん中で、食べるものを並べておいて、もらっていく人はいるんでしょうか。
毒がはいっていないかと不安がられたらどうしよう。
なんだかそわそわして、10分おきくらいに見に行く私たち。

心配は杞憂に終わって、1時間ほどで完売(いや、売ってませんが)しました。

もらわれていった梅は、梅干しになるのか、梅酒になるのか、
いや、梅シロップかジャムかも...
想像するとなぜかうれしくなってしまいます。
どうかおいしく食べてもらえますように。
この春、友人の息子さんが地方の大学に入学し、一人暮らしをはじめました。
男の子はちゃんと食事ができるかどうか、心配じゃない?と聞いてみると
「学食パスっていうのがあるから申し込んできた」とのこと。

私には初耳だった「学食パス」、
最近あちこちの大学で使えるらしいですね。
学食や生協の購買で使える食事専用のパスカードですが、
単なるプリペイドカードと違うのは、チャージするのは親で、
いつ何を食べたか親に全部つつぬけになる、というところです。

「お金が足りなくなっても、食事だけは抜いてほしくないからね」と友人。
身体のことを考えたら、きちんとした食事をしているかどうか
見守りたい気持ちはよくわかりますし、
なかなかよく考えられたシステムだと思いますが
う~ん、ちょっと過保護な気も。

時にはお菓子だけで1日過ごしてしまったり、
今月はお金を使いすぎたから仕送りがくるまでどうやって食いつなごうか...と
真剣に考えたり。
そんな経験も、一人暮らしの醍醐味なのでは
...なんて思う親はもう少数派なのでしょうか。

学生のほうは
食事を遠隔管理されるなんていやじゃないのかな?と
不思議に思う私なのでした。
ただいま仕事の繁忙期であまり休みが取れず、これが終わったらアメリカに行くぞ! と、ひそかにもくろんでいます。

どうせ行くならあっちこっち観光もしたいけど、現地で会いたい人がいるので、ツアーではなく個人旅行になりそうです。とすると、心配なのは英語力。

前にアメリカに行ったのは10年以上前でしたが、ホテルでちょっとしたトラブルがありました。
お風呂に入ろうとしたら、排水の穴から汚れた水が逆流してきたのです。
とにかくフロントに電話して...ええと、それで、何て言えばいいの?

うまく説明できず、バスルームに来てくれと繰り返して、何とか掃除係らしき人に見てもらうことができました。
翌日知人に会ったときにそれを訴えたところ、「とにかく知ってる単語を並べればよい」と伝授されたのが「バスルーム、パイプドレイン、ウォーターカミングバック、チェンジルーム、チェンジルーム!」

また逆流したら言ってみようと思っていたら、その後は何事もなく、ちょっと残念。本当に通じるでしょうか。

今度行くときはぜひ「知ってる単語を並べる」テクニックで意思疎通を試みようと思っています!

余談ですが、夜になってフロントに電話し「ウェイクアップコール、プリーズ」と言ったら「はい、何時でしょうか?」と言われてしまい、またまた自分の英語力に自信を失った私なのでした。
ラグビーのワールドカップは終わりましたが、
今までラグビーなんて見たことがなかったのに
にわかファンになったという方も多いのでは。

私も初めてラグビーのテレビ中継というものを見て、なんだこれはと笑いました。
ボールを持って走る競技と思っていたら、
ほとんどの時間、団子になってもみあってるじゃないですか。
笑いつつもだんだんルールがわかってきて、ラグビー観戦って楽しい!と思いました。

さて、先日仕事で福岡県の久留米市に行ってきました。
現地で地図を見ていたら、近くに「五郎丸」という駅を発見。
五郎丸選手、九州出身ということでしたし、何か関係がありそうです。

地元の方に聞いてみると「え?五郎丸選手と関係あるのかなあ?」と首をかしげつつ、
「福岡じゃ、うちの出身だと言ってるし、
佐賀では佐賀の高校出身なんだと言ってるし、
早稲田だってうちの大学出身だって言ってるんだろ?」
確かにそうです、あちこちでうちの出身だと自慢されるのも、人気の証ですね。

私は仕事のあとすぐに帰ってしまったのですが、一緒に行った講師は、
少し遠回りをして五郎丸駅へ行ってきたのだそうです。
久留米市郊外の小さな駅のようですが「けっこう人が来ていた」と証言しています。
そして、駅で記念切符を買ったそうですが、その値段は「560(ごろーまる)円」。

え~と、生誕の地というわけでもないのにわざわざ行く人もいれば、
おやじギャグで迎える駅もあり。これもまた人気の証?
この夏、1歳半の子どもがいる家族が我が家に泊まることになり、
布団はどうしようと頭を悩ませました。

少しアトピー気味の子なので、ダニのいる布団には寝かせられません。
客用布団はありますが、少し古いものなので心配です。

とりあえず日に干してから掃除機で表面のゴミを吸い取ってみましたが、
これで大丈夫なのかと不安になっていたところ、
ちょうどテレビ番組で、布団のダニ退治法が紹介されていました。

それはどんな方法かというと、
炎天下に置いた車に布団を入れて数時間放置する(笑)。

布団の中にいるダニは、日に干しても、掃除機で吸っても、
クリーナーで紫外線をあてても、ほぼ死ぬことはなく、
一番効果的なのは布団全体を50度以上に熱することなのだそうです。

なるほど、この夏の車内は軽く50度を超えること間違いなし。
あまり使っていない姉の車があったので協力してもらい、
やってみました、布団の車蒸し。
触るのも危険なくらいのアツアツになりました!

布団をさまして、もう一度掃除機をかけて、
シーツも乾燥機でしっかり熱を加え、ようやく準備完了です。

それにしても、運転席まで布団を詰め込まれた車が
駐車しているのを見た人は、何事かと思ったでしょうね...。
スイマセン。
« sasaki | メインページ | アーカイブ | super sub »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • ・お知らせ
  • ・個人参加型セミナー

月別アーカイブ

ブログ投稿者

park

仕事は、やっぱり「段取り八分」が信条。
休日は山中。

kaneko

仕事はやっぱり「気配り」が信条。
ワインテイスティング中。

uchiyama

仕事はやっぱり「詰め」が信条。
今日も外回り中。

sato

仕事はやっぱり「柔軟」が信条。
今日もお出かけ中。

tomine

仕事はやっぱり「伝わる」が信条。
国語辞典でチェック中。

miyake

仕事はやっぱり「チャレンジ」が信条。
楽しくソロ活極め中。

azuma

仕事はやっぱり「ハートで聴く」が信条。
今日もバイリンガル中。

super sub

Quonb影のボス。
ひそかに取締中。

ページのTOPへ