企業・団体向け研修

組織活性化ワークショップ ‐「対話」と「協働」からチームビルディングを考える‐

講師 金子 怜司 講師コラム
(株式会社早稲田大学アカデミックソリューション コンサルタント)
対 象 中堅~管理職
時 間 1日間
推奨受講者数 15~25名

概要・特徴

新しい物事へチャレンジする意識を持ち、仲間との協働を促進していくためには、自己の個人としての意識を変容させることが必要です。自分自身が仕事に対する自信ややりがいを持ち、モチベーションを高く保持していれば、その活き活きとした思いや行動はコミュニケーションを通じて仲間にも共有され、自然とチーム内に広がっていきます。
本研修では、「組織」や「強み」、「未来」などを考えるワークを通じて「会社における自分」や「自分・チームが行っている仕事」、「ありたい姿」を肯定的に且つポジティブに捉えられるマインドを形成します。自己や他者の理解、視点の拡散を促進する「Points of You®」のツールを用い、これまでの経験から固定化した思考を解きほぐしながら、個人や組織の強み、ありたい組織像を考えながらビジョン共有をすすめて仕事へのコミットメントを高め、組織の一体感を創出します。

Points of You®とは Points of You®(コーチングゲーム)は、イスラエルのコーチング専門家によって開発されたクリエイティブなツールで、日本語を含む19の言語に翻訳されて世界中で活用されているツールです。実世界のさまざまな情景を切り取った写真と言葉が載ったカードを通じて視野を拡大し、創造力や発想力に刺激を与えます。個人の内観だけでなく、組織変革やプロジェクトマネジメントなどのビジネス分野にも使用され、Google、IKEA、シルク・ド・ソレイユなどの企業に導入されています。

受講者の声

  • 普段から漠然とした目標を立てがちなので、具体化して降ろしていく手法がまず実践できると思いました。「活性化」もさることながら、「組織」も考え直すきっかけになりました。
  • 漠然としがちな組織活性化の考えが、様々な視点から洗い出しができたことで筋道をつけられた点がとても良かった。
  • よりよい現場にするために、各メンバーの日頃思っていること、将来的な理想、不安などをしっかりとヒアリングしていきたい。

カリキュラム例

1日間の場合

1 チェックイン
ウォーミングアップ
お互いの今を共有し、目的・ゴールを確認します。また、ウォーミングアップのために、グループワークを行います。
2 「組織」をどう考えるか? 組織を成立させる「内部の要素」と、組織のありかたに影響を与える「外部の要素」を捉えながら、自分たちにとって好ましい組織とは何かを考えます。
3 協働のための
コミュニケーションスタイル
組織内での協働を進めるためのコミュニケーションスタイルを比較しながら理解します。
4 リソースを考える 相互インタビューでこれまでの成功体験を掘り下げて考え、阻組織や自分自身のもつ強みを改めて考えます。
5 わたしたちはどうありたいか 個人や組織の実現したい未来像を、いくつかのステップを通じて具体化していきます。また、その未来が実現したと仮定して、そこにたどり着くまでの道のりを検討します。
6 チェックアウト
振り返り
全体を振り返り、チェックアウトします。

研修風景

  • 組織活性化 イメージ1
  • 組織活性化 イメージ2
  • 組織活性化 イメージ3
  • 組織活性化 イメージ4
導入事例・セミナーレポート
Facebookページ
講師コラム
オフィシャルブログ

お問い合わせ

各種セミナーや研修・サービスなどについて、ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールでのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 0120-090-876
ページの先頭へ