セミナー情報&お知らせ

「『医療版失敗学』のすすめ」 セミナー受講者様の声をご紹介します

[ 2016/02/05 ]
2016年1月30日に「医療版失敗学」セミナーを開催し、全国から32名の方にご参加いただきました。
受講者様の声をアンケートより一部ご紹介いたします。

 アンケート実施日:2016年1月30日
 対象受講者:
   看護師、検査技師、助産師、医療安全管理者、医事課職員、
   弁護士、医療業界関係者、その他 計32名

---





●受講したきっかけ
・講師の魅力を先に受講した同僚から聞き、希望しました。(院内調理師 H.I様)
・発生した事案への評価、対策に対して、行き詰まりを感じていたため。(臨床工学技士 S.O様)
・どうしたらインシデントの学びを次に生かせるか、何らかのヒントを得たかったので。(看護師 Y様)


●セミナー受講前の「医療安全」や「業務改善」などに関するお悩みをお聞かせください
・ 医療安全を守ろうと、すべてのリスクを排除しようと対策を立てていくと、業務が重複したり、確認作業に多くの時間を
 取られます。必要なこととは思いつつ、Pt様へ接する時間が削られ、不全感がいなめない。(助産師 S.H様)
・予約ミスの改善策をやっても同様のミスがでる。改善がうまくなされない。(看護師 O.K様)
・ヒヤリハット報告が十分生かされていないと感じている。(看護師 S様)


●受講後の感想
・幅広い業界や職種の話がとても刺激的だった。医療だけでなく社会全体の失敗学について考えることができて
 良かった。濱口先生の熱心な講義が心に残り、たくさんのことを学ぶことができて良かった。本日学んだことを
 実践していきたいと感じた。(救急救命士 Y.S様)
・日々悩んでいた対策がなぜうまくいかないのか、今後どうすべきかのヒントを教えてもらえた。(看護師 Y様)
・2~3年前に名古屋で1時間講座を受講し、どうしてももう一度聴きたくて、やっと来ることができました。
 係長(上司)も一緒に参加してくれたので、きっと形に繋がると思います。とても刺激になり、パワーに
 なりました。(医療事務 K.M様)


---


★2016年度の「医療版失敗学」セミナーの開催スケジュールは以下のとおりです。
 皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加ください!



■「医療版失敗学」のすすめ~インシデントから学び、真の医療安全にトライする~

《日時》
  2016年5月28日(土)10:00~18:00
  2016年8月27日(土)10:00~18:00
  2016年12月3日(土)10:00~18:00
《講師》 濱口哲也(東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻特任教授)
《受講料》 21,000円(1日間・税込)
 
お申し込みはこちら
http://www.quonb.jp/seminar/detail.php?n=0228
2月15日(月)お申し込み受付スタート!開始後1ヶ月間は早割(10%割引)適用です。
Facebookページ
講師コラム
オフィシャルブログ

お問い合わせ

各種セミナーや研修・サービスなどについて、ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページのTOPへ