医療従事者向けセミナー

セミナー概要

医療の質と安全の向上を実現するために

医療の現場で働く方々は、日々の患者・利用者との些細なトラブルから、医療事故という不幸な出来事まで、大小様々な問題に直面しています。一方で、一緒に働く上司や部下、同僚との人間関係に悩んでいたり、医療者間のコミュニケーションに苦労している方もいらっしゃるでしょう。そういった問題をできる限り起こさないために、また起きてしまった問題に協働的かつしなやかに対応し解決していくためには、協調マインドやコミュニケーション力、問題解決に必要な思考力・分析力などの養成が不可欠です。

早稲田大学アカデミックソリューションでは、これらを体系的に学べるセミナーラインナップをご提供しています。起きてしまった事故・トラブルに対応し、対話による協調的問題解決を目指すための「医療メディエーター養成講座」(医療コンフリクト・マネジメント)と、過去の失敗から学び、未来の大きな事故を防止するという「医療版失敗学」の両輪で、医療の質と安全の向上を実現できる人材を育成します。

また、業種・職種を問わず参加できる一般公開セミナーもご用意しています。業界を越えて様々な分野の人たちと対話し、意見の交流をすることは医療従事者の皆様に新しい視点や気づきをもたらします。多様性を尊重するコンフリクト・マネジメントや対人コミュニケーション、チームビルディングを学ぶ場として最適な環境をご提供します。

医療メディエーター養成講座(医療コンフリクト・マネジメント)とは…

医療メディエーター養成講座は、日本医療メディエーター協会の認証プログラムとして、日本医療メディエーター協会と早稲田大学アカデミックソリューションが共催しています。医療機能評価機構の医療対話推進者養成プログラム(和田仁孝・中西淑美開発)と同一のプログラムです。

本講座は、医療コンフリクト・マネジメントの理論に基づき、患者側と医療者側の対話を促進することを通して、認知の変容を促し、納得のいく創造的な関係再構築を支援する役割(=医療メディエーター)を養成するためのトレーニングプログラムです。

医療コンフリクト・マネジメントとは、医療事故という不幸な出来事をめぐって患者側、医療者側双方に生じた感情的混乱や不信、生活環境の変化など様々な問題を、訴訟のように敵対的・限定的にではなく、対話を通して協働的かつ柔軟に解決していこうとする考え方です。訴訟が過去の医療行為をめぐって回顧的に責任認定するのと対照的に、将来志向的により良い方向を創造的に模索し、事故にかかわった患者側と医療者側双方に、事故体験の自律的克服への手がかりを提供しようとするものです。

ただし、対話といっても単なるカウンセリング手法やコミュニケーション技法だけで解決するほど、医療紛争は単純ではありません。患者側・医療側の錯綜した紛争についての認知や感情、事実を冷静に分析し、そこから解決へ至るパスを見いだし、その方向へ向けてナビゲートしていく、そのような技法が必要となります。この紛争マッピングという分析手法を中心に、ロールプレイを用いてトレーニングを実施していきます。

  • 日本医療メディエーター協会の認定が受けられる
    本講座は、日本医療メディエーター協会の認証プログラムです。所定のプログラムを修了すると、プログラムのレベルに応じた医療メディエーターの認定を受けることができます。

  • スキルアップをはかれる幅広いセミナーラインナップ
    当社では、基礎編~Aコースまでのフルラインナップをご提供しています。フォローアップ研修、特別講座も多く開催していますので、ご自身のレベルに合わせたスキルアップをはかることができます。

日本医療メディエーター協会が院内医療メディエーターとして認定する対象は、医療機関内でメディエーションを実践する医療機関職員(医療有資格者に限定しない)です。

院外の第三者が医療メディエーターとして活動する場合、弁護士以外の者が紛争処理業務を含む法律業務に携わることを禁じた弁護士法に抵触する恐れがあります。この点に配慮し、医療メディエーター養成のための研修において、対象を医療機関職員に限定しています。非医療機関職員の方は、一般公開セミナーの「コンフリクト・マネジメントセミナー【メディエーション編】」のご受講をお勧めいたします。


《医療従事者向けセミナー》

[医療メディエーター養成講座]
[医療メディエーター養成講座]
[医療メディエーター養成講座]
[医療メディエーター養成講座]
・基礎編修了者のためのフォローアップ ・基礎編修了者のための特別講座

《一般公開セミナー》

[コンフリクト・マネジメントセミナー]
[ファシリテーション&
チームビルディング体感シリーズ]

セミナー・ラインナップ

医療従事者向けセミナー
一般公開セミナー

受講者の声

受講セミナー:医療メディエーター養成講座 基礎編
  • ・患者さん、ご家族、院内スタッフとの関わり方を学べました。2日間の学びを実際の現場で活かしていきたいと思います。
  • ・ロールプレイを通じて、今まで経験したことのない思い、体験をすることができました。当事者の真の思いを引き出せていけるよう、頑張っていきたいと思います。引き続き学んでいきたいです。
  • ・日常業務に直結する内容が多く、とても勉強になりました。医療、看護の質の向上に繋がると思いました。
受講セミナー:医療版失敗学のすすめ
  • ・わかりやすく楽しく、時間が短く感じました。現在行っている仕事で、何が不足していて、今後何が必要なのかがわかり、明日からの仕事につなげていきたいと思いました。
  • ・大変興味深く自分の職場にあてはめながら聞くことが出来ました。不安に思っていたことがすっと心から消え、また頑張ろうという気持ちになりました。
受講セミナー:特別講座「苦情対応編」
  • ・ロールプレイを通じて色々な立場を経験することができ、とてもためになりました。
  • ・具体的な内容で、明日から即活用できそうなことを沢山学ぶことができました。色々な職種、病院の方々の意見を聞けたのも良かったです。
受講セミナー:コンフリクト・マネジメントセミナー【コミュニケーション編】
  • ・グループワークやロールプレイを多用した実践的な内容であるとともに、エネルギッシュな講師が牽引役となり、非常に活気のある楽しい研修であった。普段ではなかなか交流する機会のない、異業種の方々との交流する機会ともなり、大きな刺激となった。
  • ・「何が」、「これが」と一言では言えない良さがありました。先生の雰囲気や場作りのおかげで、リラックスして自主的に学べた気がしています。目からうろこ、逆転の発想や認識が多かったことに気付き、「はっ!」とすることばかりでした。
受講セミナー:苦情・相談対応力養成セミナー
  • ・ロールプレイを通してリアルな対応に近い体験をする事ができ、非常に勉強になった。チェックイン、チェックアウトなど、日常のマネジメントにも通用するテクニックも教えていただいた。
  • ・クレーム対応も基本は信頼を築き、相手に話してもらうことなのだと改めて実感し、今後の道筋が見えました。クレーム対応業務だけでなく実生活にも生かせる学びでした。

お問い合わせ

各種セミナーや研修・サービスなどについて、ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Facebookページ
ページのTOPへ