導入事例・セミナーレポート

無料セミナー「ビジョンの共有と組織活性化ワークショップ」を実施しました

[ 2017/09/12 ]
レポート掲出が遅くなってしまい申し訳ありません。

2017年7月14日(金)のことになりますが、
龍谷大学 大阪梅田キャンパスにて、QuonAcademy 特別無料セミナー
「ビジョンの共有と組織活性化ワークショップ~内発的動機を高め職員の主体性を引き出す~」を実施いたしました。

昨今、大学職員の活動領域は拡大、多様化・高度化が進み、
さらにミッション実現のために具体的な成果を創出していくことが期待されています。

しかし現場では、日々目の前の業務に忙殺されてしまい、
中長期的なビジョンや方向性の共有はおざなりになってしまいがちです。
この状況が続くと、与えられる仕事は真摯に取り組むが、
なぜ・何のためにこの業務を行うのか、職員の「思考停止」が生じ、組織力の停滞を招きます。
今回のワークショップでは、ビジョンを共有することによって
組織活性化を生み出す方策を皆様に体感していただきました。

まず参加者の皆さんで円になって、チェックインを行い軽いウォーミングアップ。
本題に入る前に、参加者の皆さんの「今」の気持ちや状態を共有します。
話したい人からスタートするのですが、円になることや
話したい人からスタートすることにもしっかり意味があります(今回は長くなるので割愛)。

そうして場があたたまったら、本題スタート。
まずは自分自身を客観的に見つめ直す「自分マップ」作り。
”私”を語るうえで必要だと思う言葉を書きグループ化していきます。
4分という短い時間だったので、パッと思いつく言葉を書いていただくワークでしたが、
思いのほか考え込んでしまう方もいらっしゃいました。
(みなさんだったらどんな言葉を思い浮かべますか?)

次に、「組織」に目を向けていただき、今・誰とどんな仕事で繋がっているのか、
「つながりマップ」作りを進め組織の中の自分を俯瞰します。
ここまでで現状の「自分」を客観的に捉えていただけたのではないでしょうか。

そうして「今」を振り返ったあとは、過去、そして未来へ。
未来を語る際に、現状はおいておいて、「実現したい最高の未来」を
色々な切り口(自分自身、関連部署、学外等)から具体的に考えていただくよう
お願いをしました。

今回は3つのグループを作り、このワークを行いましたが、
仲間や関連部署との関係に注目した方がとても多かったように思います。
 ・ワクワクする集団になっている
 ・変化に対応できる集団になっている
 ・仲間が同じ目標・夢・ベクトルを向いている
 ・関連部署が協働・共創し相乗効果を発揮している
 ・できない理由をならべるのではなく、どうやったらできるか考える仲間と仕事をしている

これらの意見は、裏を返せば、今は実現できていない、
あるいは弱いと感じていらっしゃることなのではないでしょうか。

今回は様々な大学の職員の皆様にご参加いただきましたが、
当社がご提供する講師派遣型研修では、同じ大学の職員の皆様で
このワークショップを実施していただくことになります。

同じ大学の同部署・他部署の皆さんが、実現したい未来を語り、
つながりマップを作成・共有いただくことは、お互いを知る機会となります。
また大学発展にかける自身や他者の想いや価値観の共有は、
共感、共振へと変わり、未来に向かって大きな力を発揮することに繋がっていきます。

今回は時間が短く、エッセンスを体感いただくに留まりましたが、
4時間自身を内省いただく作業はとても大変だったのではないかと思います。

ご参加いただきました皆様、お疲れ様でした!
導入事例・セミナーレポート
Facebookページ

お問い合わせ

各種セミナーや研修・サービスなどについて、ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページのTOPへ