SDセミナー

異文化コミュニケーション~多様な文化背景をもつ人々とより良いチームを形成するために~

概 要 近年の社会では、雇用体系・出身地域・ジェンダー等の多様化が増し、さまざまな価値観や常識が現れていることで、学校や企業、社会を取り巻く環境が一層複雑になっています。大学においても様々な背景を持つ学生が増えたことに加え、アクティブ・ラーニングやピア・ラーニングを取り入れて学生同士がチームとなり学びあう環境も浸透しており、多様性の中でリーダーシップを発揮したりコミュニケーションをとったりすることの難しさが課題となっています。
このように多様化する社会や学校などの環境においては、私たち一人ひとりが「異なるもの」への理解を深めながら、立場や意見の違いを受け止めて対応するためのマインドセットが必要となります。本セミナーでは、異なる文化背景を持つ人々のコミュニケーションスタイルを理解し、異文化間における効果的なコミュニケーション方法を学び、建設的で豊かな人間関係を築くことを目指します。

期待できる効果
① 自分自身の文化的背景とコミュニケーションスタイルへの気づきを深める。
② 自分自身の行動規範となっている価値観への気づきを深める。
③ 自分とは異なる文化のコミュニケーションスタイルを学び、異なる価値観や人間関係の形成
   の仕方を理解し、それらを尊重できるようになる。
④ 自分自身の思考・感情・行動のクセに気付き、状況と目的に合わせてそれらを適切に調整で
   きるようになる。
⑤ 自分とは異なる価値観、行動、感性に触れることで視野を広げ自己成長を図ることが出来
   る。
⑥ 多様性の社会に於いて、自分とは異なるものの見方・考え方・感じ方・行動の仕方を尊重
   し、周囲の人々と信頼関係に基づいた人間関係を築くことが出来るようになる。
※本セミナーは、ウェブ会議システム(Zoomミーティングを予定)を使用して実施いたします。
お申込みいただいた方には、受講1週間前までに、当日参加用のURLをお送りいたします。

詳 細 セミナーの概要
① 文化とは何か、そして文化間の異なりの原因と特性を理解する。
② 良好な人間関係を支える信頼関係を築くために必要なアプローチを学ぶ。
③ 文化によって異なる言語・非言語コミュニケーションスタイルを理解する。
④ 多様な価値観を理解する。
⑤ 異文化コミュニケーションで生じる誤解の原因を理解し、それを回避しながら相互理解を深
   める方法を学ぶ。
⑥ 多様性の中で発揮するリーダーシップについて学ぶ。
⑦ 効果的なコミュニケーションを行うために状況と目的に合わせて自らの思考と感情と行動を
  適切に調整する方法を練習する。
⑧ 周囲の人々に心を開き、自己開示を図る。
⑨ 他者の体験を主観を排して客観的に理解する練習をする。
⑩ 他者の価値観や気持ちを自分自身の判断を保留してありのままに受け止める練習をする。
⑪ 他者の体験を傾聴することで多様性を理解し、自分自身への内省を深め、視野を広げて自己成長を図る。

セミナーの進め方(4時間)
      内       容    
I.異文化理解
1. 異文化とは
2. 多様性の中でのチームビルディングとは
3. 集団と文化
4. 異文化理解のための4段階アプローチ

II. 信頼関係の築き方
1. 対人コミュニケーションモデル
2. 五感
3. 心とは
4. 思考と感情と行動の関係
5. 言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション
6. 相手への意識のもち方

III. 言語コミュニケーション
1.言語コミュニケーションスタイルの分析
 2.Back to Back

IV. 非言語コミュニケーション
1. ボティーランゲージ
2. パラランゲージ
3. パーソナルスペース
4. セルフプレゼンテーション

V. 価値観の多様性
1. 普遍主義と個別主義
2. 個人主義と共同体主義
3. 感情表出と感情中立
4. 関与特定と関与拡散
5. 達成型地位と属性型地位
6. 時間の捉え方
7. 自然と人間の関係

VI. D・I法
1. 事実描写と解釈
2. 事例分析

VII. 多様性対応のコミュニケーション実践練習
1. 心を向ける
2. 視野を広げる
3. 観察力
4. 自己開示と傾聴
(1) 自己開示
(2) 判断保留
(3) 話し手の体験の事実把握
(4) 話し手の価値観や大切にしている想いの受容
(5) 聴き手の自己開示

VIII. アクション・プランの作成
XI.  まとめと振り返り
対 象 若手職員~中堅職員
講 師
梶谷 久美子 かじたに くみこ
(異文化コミュニケーションコンサルタント、桜美林大学非常勤講師)

横浜市立大学文理学部国際関係課程卒業。在米Antioch大学大学院修士課程卒業。コミュニケーション教育を専門とし、EQ(感情知能)のトレーナーとして「心」や「気持ちのやりとり」を大切にすることで信頼関係を築き、コミュニケーション能力の向上を図るプログラムを開発してきた。研究領域は「EQ活用の対人コミュニケーション」「リーダーシップ・トレーニング」「チームビルディング」「メンタルヘルスケア」「中国人と日本人のコミュニケーションスタイルの違い」「潜在能力開発」「願望実現」等。
開講日
【日程A】受付中
2020年11月12日(木)13時~17時
受講料 【個人単位でお申込みの場合】
11,000円(税込/1名様あたり)

【大学(法人)単位でお申し込みの場合】
申込タイプにより異なります
詳細は https://www.quonb.jp/university/sdseminar_info.html
定 員
テキスト申込締切後、事前郵送またはPDFでメール送付いたします。
実施4営業日前までにお手元に届かない場合にはお問い合わせください。
申込締切日 2020年10月30日(金)
 ※以降にお申込みされた場合は、当日までに資料(テキスト)が到着しない可能性がございます。
受講料
振込口座
【個人単位でお申込みの場合】
◆お申込みから7日以内に、下記口座までお振込みください。
 三菱UFJ銀行
 江戸川橋支店
 普通 1045898
 口座名義 株式会社早稲田大学アカデミックソリューション

【大学(法人)単位でお申込みの場合】
 大学窓口担当者様に請求書をお送りいたします。
会場 無し

キャンセルポリシー【個人単位で参加の場合】
お申込をキャンセルされる場合は、下記事務手数料およびキャンセル料が発生いたします。
受講料のお振込がないことをもってキャンセルとはみなしませんので、必ずメールかお電話にてご連絡くださいますようお願いいたします。

【キャンセル料】
・お申込完了後~セミナー開講初日の1か月前の前日まで: 1セミナーあたり2,000円
・セミナー開講初日の1ヶ月前以降~1週間前の前日まで: 受講料の40%
・セミナー開講初日の1週間前以降~開講初日以降: 受講料全額
関連セミナー
お問合わせ株式会社早稲田大学アカデミックソリューション(WAS)
QuonAcademy事務局
TEL:03-3208-7866  E-mail:quonb@w-as.jp
お申込の方は、以下のフォームから申込手続きにお進みください。

次のページにて、お申込の流れ、注意事項(キャンセルポリシー、プライバシーポリシーなど)についてご確認いただけます。この段階では、まだ正式なお申込とはなりません。

Facebookページ
講師コラム
オフィシャルブログ

お問い合わせ

各種セミナーや研修・サービスなどについて、ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールでのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 0120-090-876
ページの先頭へ